日本共産党 岡山市議団

5/24に地域産業や国際交流、5/25に多様性理解促進など 市議会特別委で議論

18年05月22日

岡山市議会では6つの常任委員会とは別に4つの調査特別委員会を設けて、特定のテーマに絞った調査研究や政策提言を行っています。

今週はそのうち2つの委員会が開かれます。

どなたでも傍聴可能です。関心をお持ちの方は、ぜひおいでください。

 

<岡山ブランド戦略調査特別委員会>

◆日時 5/24(木)10:00~

◆主な議題・・農産物の販路開拓・拡大、ヘルスケア産業創出・育成、ホストタウン交流事業、ESDに関する国際交流 など

 

<多様性尊重の社会実現調査特別委員会>

◆日時 5/25(金)13:30~

◆主な内容・・女性が輝くまちづくり推進課の本年度の取り組み、性の多様性の理解促進 など

【岡山市資料】 2018/5/21 第1回法定協 資料(全)

交通問題で2つの会議 どなたでも傍聴できます

18年05月18日

いま、岡山市では「市民の足」問題に注目が集まっています。

週明けも2つの会議があります。

特に1つ目の会議は、バス路線廃止届(その後取り下げ)に直接の端を発した地域の路線バス問題をはじめ、岡山にどのような公共交通網をつくっていくのか、計画をまとめていくことをめざすもので、報道などで「法定協」と呼ばれているものです。

当初はもっと小さい会場でしたが、7階大会議室という本庁舎の中で最も大きい部屋に変更されました。市民の方の関心もとても高いようです。

今日担当課の方に確認したところ、「市民の方もどなたでも傍聴できる」とのことでした。

関心のある方は、ぜひおいでください。

 

①岡山市公共交通網形成協議会(地域公共交通活性化再生法にもとづく法定協議会)

◆日時 2018年5月21日(月)15:00~17:00

◆場所 岡山市役所本庁舎7階大会議室 ※場所が変更になっています

 

②路面電車乗り入れを含めた岡山駅前広場のあり方検討会

◆日時 2018年5月22日(火)10:00~

◆場所 岡山市勤労者福祉センター5階

 

問い合わせは、いずれも岡山市交通政策課(電話086-803-1376)まで。

岡山市交通政策課のホームページ

 

 

(しんぶん赤旗から) 「差額ベッド料」を支払わなくてよい場合があるのをご存知ですか?

18年05月18日

 

 

今週の「しんぶん赤旗 日曜版」(2018.5.20付)では、入院したときに発生することがある「差額ベッド料」について、支払わなくてよい場合があることや、払った後でも返金される場合があることを、具体的な事例を通して紹介しています。

新しい厚生労働省通知(2018.3.5付)で「差額ベッド料」をとってはいけない場合について明記されたことで、より活用しやすくなったことが紹介されています。

また、以前(2018.2.25付)の新聞記事のコピーを持って行って病院の方と話をしてみたら、うまくいったという事例もあったそうです。

入院中に病院スタッフから受けた説明が納得できない方や、退院時に高額の請求に困った方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

記事の印刷用PDFデータはこちらです↓

(差額ベッド) 赤旗N180520

(差額ベッド) 赤旗N180225-1

(差額ベッド) 赤旗N180225-2

 

 

 

 

仁比聡平参議院議員が「A型事業所」問題で質問 (5/21)

18年05月18日

 

仁比聡平参議院議員が、参議院決算委員会で障害者の就労継続支援A型事業所の問題で質問します。
予定=5/21(月)16:20~16:35

ぜひご覧ください。

 

参議院インターネット中継http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 

(団資料) 2018.5月臨時議会での竹永みつえ議員の質疑と答弁(全)

【速報】 自民市議団 ついに分裂

18年05月17日

 

1年前の5月臨時議会の時から内部抗争が表面化していた自民党市議団が、ついに分裂しました。

今日の臨時議会中に、宮武議長派の7人が自民党市議団の会派を離れて「自由民主党岡山政隆会」(田口裕士代表)という新会派を結成することが発表されました。

 

【発行物】 岡山市政ニュース 速報版 №234(2018年5月17日)

18年05月17日

【印刷用PDF】市政ニュース速報版180517(訂正版)

(5/18金08:58追記 賛否の数に誤りがあったので修正しました。 関係者の皆様にお詫び申し上げます)

 

浅田さんの苦しみに非情な議決

 市の控訴を自民などが追認、共産は反対の論戦

岡山市議会は17日に5月臨時議会を開き、議案5件を可決するなどして閉会しました。
「浅田裁判」で市控訴の専決処分に議会の承認を求める議案は、共産と市民ネット、創政の一部が反対しましたが、自民と創政の1名の賛成多数で承認されました。公明は棄権しました。
この控訴は、本来議会の承認を得なければならないにも関わらず、市は本会議を開かず、委員会にも報告せずに市長専決したため、市議団は異例の質疑に立ち、理由や経緯を質しました。
結果は控訴追認でしたが、午後の委員会審査の途中までは、各会派の議員の間に「控訴はおかしいのでは」などの意見もあったため、傍聴者から「どこで流れが変わったのか」との声が寄せられました。

市は、「支援法7条の解釈について地裁判決と市の見解が異なる」ことに固執し、サービスを打ち切って浅田さんを文字通り死ぬ寸前まで追い込んだことへの反省も見せませんでした。さらに、今後も浅田さんと同じように支給打ち切りする可能性を、否定しませんでした。
大森市長は、今回「浅田裁判」問題で初めて答弁に立ち、地裁判決が「弱者保護に視点を置いた」と認めた上で、控訴したことを正当化しました。岡山市が「弱者保護」に視点を置いていないことが、図らずも明らかになった形です。
党市議団は、竹永みつえ・東つよし両議員が本会議で、田中のぞみ議員が委員会で、非情な市の控訴を市民の代表である議会が追認するのはおかしいと論戦しました。(論戦詳細は団ブログで)

 

次 »