日本共産党 岡山市議団

「路面電車乗り入れ」で駅前広場のデザイン案に意見募集

18年10月9日

大森雅夫岡山市長は9日の記者会見で、路面電車の岡山駅前乗り入れについて、駅前広場のデザイン案に市民意見を募ることや、今後のスケジュールなどを発表しました。

デザイン案は、6社のデザイナーからの案を示し、市民意見公募や有識者検討などを経て、11月中旬ごろにはデザイナーを選定する方針を示しました。

また、2023年度には乗り入れを開始するなどとするスケジュールを、市として初めて示しました。

今日からのパブリックコメントや今月末の「市民のご意見を伺う会」の後、11月上旬に有識者での検討と庁内選考を行って、11月中旬にはデザイナーを決定する方針です。

 

●パブリックコメント(意見公募)●

◆期間 2018年10月9日(火)~11月2日(金)

◆資料を閲覧できるところ 交通政策課(市役所本庁舎6階)、情報公開室(市役所本庁舎2階)、各区役所(総務・地域振興課)、各支所(総務民生課)、各地域センター、天満屋地下街市民サービスコーナー

下のリンク先からも見ることができます

路面電車の岡山駅前広場への乗り入れに伴う駅前広場デザインに対するパブリックコメント(ご意見募集)について

 

●「市民のご意見を伺う会」●

◆日時 ①10/25(木)14:00~15:00、②10/26(金)10:00~11:00

◆場所 岡山市役所1階多目的ルーム

会のチラシはこちらから見ることができます

市民のご意見を伺う会

 

今日の市長の発表には、いくつもの疑問点があります。

①スケジュールが早すぎるのでは?

市は、このスケジュールを今日初めて示しました。

今日発表して、約1か月ちょっとしたらデザイナーを決定です。

市民から意見を募るパブリックコメントは、岡山市自身が「30日程度の期間を確保するよう努める」と要綱に期間を明示しているにも関わらず、今回は25日間しかありません。

なぜそんなに急いでいるのか?

 

②市民や議会への説明責任は?

市民のひろば10月号には間に合わず、11月号が出た時点ではパブリックコメントは終了直前です。

「ご意見を伺う会」は平日の日中に2回、それぞれ1時間の予定です。

これでは、市が決定する前に、スケジュールやデザインのことを知らないままの市民がたくさんいることになりかねません。

市議会での議論もできません。11月定例市議会は11/30に開会で、直前の常任委員会も11/28と、議会としては決定後に報告を聞くだけです。なぜ、11月議会での議論を待たないのか。

 

③これで決めていいの?

市は、駅前広場に路面電車を乗り入れると決定したとき、費用は9.8億円としていました。それが、今回の6つのデザイン案は、低いもので10~20億円、高いものでは100~150億円と、最大15倍。そんな話は誰も聞いていません。

「延伸や環状化など路面電車を総合的に議論すべきでは」「そもそも公共交通全体の計画を策定中なのに、なぜ駅前乗り入れだけ先行なの」など、市民の疑問に市はきちんと答えるべきです。

パブリックコメントや「伺う会」会でも、市民に問うのは駅前広場のデザイン案に対する意見だけ。こういった交通やまちづくり政策の全体について、市民を交えて議論する機会はありません。

 

日本共産党岡山市議団は、路面電車の活用拡大そのものには賛成です。けれども、今回の「路面電車の岡山駅前乗り入れ」には、地元に反対意見が根強いことや、費用対効果がきちんと示されていないことなど、検討の前提がそろっていないと考えています。そして、そもそも延伸・環状化や市内全体の公共交通をどうするか計画立てていく中で検討すべきであり、いま駅前乗り入れだけ突出して先行させるのはおかしいことだと考えています。

ぜひ、みなさんのご意見をお聞かせください。

 

 

仮設住宅や在宅の方など被災された方は、まだまだ支援を必要としています

18年10月5日

 

民間のボランティア団体「災害対策・被災者支援岡山県連絡会」(災対連)と日本共産党が合同で真備に設置している支援センターでは、全国から寄せられた救援物資を仮設住宅や在宅などの避難者に届けたり、困りごとの相談に乗ったりして、被災された方のすぐそばで支援活動を行っています。

 

ぜひ多くの方々のご協力をお願いいたします。

 

◆仮設住宅への支援物資お届けの当面の日程

①10/7(日)、②10/21(日)

それぞれ9時集合~12時ごろまで活動予定

 

◆現在集めている支援物資

○お米(精米したもの)

○消耗品(洗剤、石鹸、シャンプー、トイレットペーパー、ラップなど)

○秋・冬服(洗濯済みか新品のみ、シミやほつれのあるものはご遠慮ください)

○食器や台所雑貨(新品)

 

◆届け先、問い合わせ先

災対連、共産党合同被災者支援センター

〒710-1313 岡山県倉敷市真備町川辺1345

電話086-697-1520

※お届けは10~16時の間でお願いします

 

 

 

楽しい企画いっぱい 10/28に灘崎で「赤旗まつり」

18年10月5日

 

◆日時 2018年10月28日(日)10:00~15:00

◆場所 サウスヴィレッジ芝生広場(岡山市南区片岡2468)

◆参加 無料(模擬店などの販売は有料)

◆おすすめ

◎県内各地の物産模擬店

◎笠岡応神太鼓、備中神楽、立石おじさんの昔話(立石憲利岡山民俗学会名誉理事長)など

◎仁比そうへい参議院議員の記念講演

◎将棋(菅井竜也7段)、囲碁(佐田篤史3段)指導・対局

◎地方選、参院選候補紹介・あいさつ

などなど

 

 

【動画】 2018年9月議会 豪雨災害関連質疑(9/20)、最終日討論(9/27)

18年10月4日

 

2018年9月定例岡山市議会本会議の動画が、全日程公開されました。

 

20日の豪雨災害関連予算案に対する質疑を行った竹永光恵議員、27日の最終日に議案に対する反対討論を行った東毅議員それぞれの動画は、次のリンク先で見ることができます。

(パソコン、タブレット端末、スマートフォンで見ることができます)

豪雨災害対応補正予算への質疑(竹永光恵2018.9.20) 約47分

議案への反対討論(東毅2018.9.27) 約11分(開始36分ごろから)

 

 

 

林潤(2018.9.12) 約38分

【控室の窓から】 議会報告ニュースを作成中

18年10月4日

 

日本共産党岡山市議団は、定例議会後に議会で焦点となったことや市政のさまざまな最新情報をお知らせする「市政ニュース」を制作して、市民のみなさんにお届けしています。貴重な市民の税金である政務活動費を使っての制作です。

 

今日は、その「市政ニュース」の最新号制作作業まっただなか。

編集責任者の東つよし議員と、あーでもないこーでもないと頭をひねりつつの作業です。

印刷所のデザイナーさんは、こちらが「こんな感じで」というアバウトなお願いをしたのに、想定を超える見事なラフ案を届けてくださいました。形になったのを見て、あらためて自分たちが今回押し出したい事柄を整理し、文字数などの制約も考えながら、見出しや写真の再検討、文章の中で脱線やわかりにくい表現の推敲などの作業をしました。

これから2週間ほどかけて、印刷所と何度かやり取りをしながら校了をめざしていきます。発行は今月末の予定。

 

他の新聞やテレビなどではなかなか伝えられることのない、議会にいるからこそ発信できる情報や政策を詰め込んで、市民のみなさんのところにお届けします。

 

市議団にはときどき「ニュースを読みたいので、送ってほしい」というお電話をいただくこともあります。大歓迎です!

お手に取ってみたいという方は、ぜひご連絡ください。

 

日本共産党岡山市議団

〒700-8544 岡山市北区大供1-1-1 岡山市議会内

電話086-803-1707/ファックス086-234-9388

メールkyousantou_shigidan@city.okayama.jp

 

2019年度の保育園入園申し込みは11/1から(資料配布は10/25から)

18年10月3日

来年度の認可保育園等の申し込みが、11/1(木)~11/21(水)に決まりました。

申請書類や入園にあたっての情報などが書かれている「ガイド」の配布は10/25からです。

必要書類などの準備は、お早めにしておいてください。

【予告】平成31年度保育利用ガイド・教育利用ガイドの配布等について(岡山市HP)

 

 

(おすすめイベント) 岡山県母親大会 10/8

18年10月3日

「生命を生みだす母親は 生命を育て生命を守ることをのぞみます」をスローガンに、毎年開かれている「岡山県母親大会」。今年は7月の西日本豪雨で日程を延期しての開催です。

もちろん「母親」だけでなく、どなたでも参加できます。

メイン企画は、ピアニストで胎内被爆者の好井敏彦さんのトーク&ライブ。

子育てや暮らしなど8つの分科会と西大寺観音院周辺を歩く見学分科会があります。

 

◆日時 2018年10月8日(月・祝) 10:00~16:00

◆場所 岡山市西大寺緑花公園百花プラザなど(岡山市東区西大寺南1-2-3)

◆資料代 一般700円、障がい者・学生300円(保育あり100円)

◆プログラム

10:00~12:00 分科会

13:00~16:00 全体会 トーク&ライブ「核兵器禁止条約とノーベル平和賞について」(好井敏彦さん)など

◆主催・問合せ 岡山県母親大会実行委員会(事務局電話086-280-2227)

 

 

 

 

あなたの給料は大丈夫? 10/3から最賃807円

18年10月2日

岡山県内で働く人の最低賃金が10月3日から変わります。

これまでから26円UPの時給807円となります。パート・アルバイトでもいわゆる「試用期間中」でも、これを下回ることは許されません。現在の給料が時給に換算して807円未満の場合は、10月3日から働いた分については引き上げなければいけません。

あなたの給料は大丈夫?

一度チェックしてみましょう。下のリンク先には、日給や月給、それらが混じった賃金体系の場合でも時給を計算できるシートも載っています。

岡山県の最低賃金のお知らせ(岡山労働局HP)

 

日本共産党は、中小企業への支援策とセットにして、最低賃金は「いますぐどこでも時給1000円」を実現し、1500円をめざしています。

「なんか、おかしいな」と思ったら、お近くの労働組合や私たちにご相談ください。

 

 

 

« 前 - 次 »