日本共産党岡山市議団blog » Blog Archive » 【市議会情報】2016年度の政務活動費で市民オンブズが住民監査請求
日本共産党 岡山市議団

【市議会情報】2016年度の政務活動費で市民オンブズが住民監査請求

18年04月26日

 

議会の政務活動費などの使い方をチェックしている市民団体=市民オンブズマンおかやまが、岡山市議会の2016年度の政務活動費として支出したうちの一部が不当であるとして25日、住民監査請求を行いました。

岡山市の監査委員は60日以内に監査を行い、回答することになります。

 

市民オンブズマンおかやまは、自民市議団のタクシー代が深夜であったり自宅との送迎であったりして政務活動かどうか疑われる、支出額も前年から大きく増えているなどと指摘しています。また、2012年度分に対する岡山地裁判決(2018/1/31)を受けて、近年請求を見送っていた会派控室での事務経費や人件費も50%までしか認めないとしています。

 

共産党市議団に対する約237万円も、控室での複合機の使用経費や用紙代、控室で執務している事務局員の人件費についての指摘です。

市議団では、控室での活動は、議員が政策に関する調査や市民の相談対応のみに限られていること、事務局員もその議員の補助として政務活動だけをおこなっていることから、指摘はあたらないと考えています。

 

政務活動費は言うまでもなく市民の税金が原資です。岡山市政を良くするための政策の調査や研究、市政や議会の動きの広報、市民の意見の聴取や相談への対応などで必要な場合にだけ使うこと、その使途の妥当性や有益性を領収書類や成果物などで明らかにすることが、厳しく求められます。

市議団では今後もこの考えに立って、適正に政務活動費を執行していきます。

 

◆岡山市議会の政務活動費収支報告書はhttp://www.city.okayama.jp/gikai/gikai_00369.html

 

◆市民オンブズマンおかやまのホームページはこちら

 

 

 

 

 



Trackback URI | Comments RSS

コメント募集中