日本共産党 岡山市議団

16日(金)は、5番目に竹永みつえ議員が登壇

17年06月15日

岡山市議会2017年6月定例会は16日(金)に個人質問3日目を迎えます。

岡山市議会インターネット議会中継

2017年6月議会 個人質問 発言通告

市議団の竹永みつえ議員はこの日の5番目に登壇し、3つのテーマで論戦します。

開始はおおよそ午後1時頃と見込んでいますが、前後する場合があります。

「1.第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の策定に当たって」では、2018年4月からの計画となる7期計画の議論が始まったもとで、竹永議員自身が介護保険関係の事業所を訪ねて聞き取った実態調査をもとに、総合事業、特別養護老人ホームなどの課題や、7期計画策定に向けた「3つの論点」について議論します。また、先ごろの国の法改悪で介護保険料が一部の人について3割負担に改悪されたことをとりあげ、市としての実態把握や対応策を求めます。

「2.障害者が安心して暮らせる地域社会の実現を」では、65歳になる直前に障害の総合支援サービスのうちきりと介護保険サービスへの移行を宣告され、裁判でたたかっている浅田さんの事例をもとに、高齢障害者に対する岡山市の姿勢と施策をただします。また、重度障害者の在宅生活支援のための具体的な施策についても市の姿勢を問います。さらに、国が進めている「我が事・丸ごと」地域共生社会について、このままでは単に公的支援が弱まって自助を求めるものになるだけだと指摘して、市の考えと取り組みをただします。

「3.旧後楽館中・高跡地活用事業について」では、売却に至る経緯や売却先の選定理由などについて、議会(委員会)にも十分な説明が無いことや、記録が残っておらず検証できないことなどから、市の考えをただします。

 

この日は全部で6人の議員が質問に立ちます。川本浩一郎議員(自民)は岡山市2020年(人口減少)問題など、山田正幸議員(自民)は通学路以外での防犯灯・防犯カメラなど、福吉智徳議員(公明)は周辺地域の交通政策、森田卓司議員(自民)は岡山市の一体感と地域の特性など、下市このみ議員(市民ネット)は旧後楽館中・高跡地などについて質問します。

 



Trackback URI | Comments RSS

コメント募集中