日本共産党 岡山市議団

副議長を先に選出 議長職は混迷続く 申し合わせの順守は議会信頼関係の基本です

17年05月18日

岡山市議会は18日、前日に続き、5月臨時市議会を開きました。

宮武議長が2年改選の申し入れを守らずに議長職にとどまることに固執しており、出身の自民党市議団は、宮武氏を支持するグループと改選を求めるグループとに分かれて調整できていません。そのため、議会は、現在も休憩中のままです。午後4時過ぎに「延会」の手続を行ったので、今日の23時59分までは議会の日程となっています。

途中、副議長は2年務めた小林氏が辞職を申し出たため、先に選挙することになり、投票の結果、40票を得た公明党の田尻祐二議員が新たな副議長となりました。共産党からは、竹永光恵議員が立候補し5票を得ました。

 

現在、会派間で常任委員会や特別委員会の所属や正副委員長ポストについて調整しています。

 

 

 

 



Trackback URI | Comments RSS

コメント募集中