日本共産党 岡山市議団

5月臨時議会 初日は議長選出でストップ

17年05月17日

岡山市議会5月臨時会は17日、朝10時に開会して当局提案の議案を審議、可決して休憩に入りました。

岡山市議会では、正副議長や常任委員会の任期は2年と申し合わせており、通常であれば、今議会で議長と副議長が辞表を提出して選挙することになっています。

しかし今回、宮武博議長は辞表の提出を拒みました。そのため、本会議は、「延会」という今日の時間延長だけを決めて、いまも休憩が続いています。

 

日本共産党岡山市議団は、宮武氏が議長続投を望むのであれば、辞表を提出した上で改めて選挙に立候補すればよいと指摘しています。

宮武氏自らも合意した申し合わせを踏みにじることは、市議会の信義と公正を損ない、市民のための市政の議論も滞ることになります。

 

 

 



Trackback URI | Comments RSS

コメント募集中