日本共産党 岡山市議団

「通学区域弾力化」見直しなど議論 ~市民文教委

17年04月18日

岡山市議会市民文教委員会は18日、会議を開き、「通学区域弾力化制度」などについて議論しました。

「通学区域弾力化制度」は、住んでいる学区の隣の学校に通うことができる制度で、2005年度のスタートから10年が経ちました。岡山市は、現段階では①地域のつながりが薄れる、②特定の学校に集中・減少する傾向がある、③小規模校が益々小規模化、という課題があるとの認識を示し、制度を見直したいとの考えを示しました。

 

東つよし議員は、規模や立地に関わらず、どの学校でも一人ひとりの子どもに行き届いた教育を進めるのが教育委員会や市の責務だと述べました。

その上で、いじめやDVなどへは、別の制度(指定学校変更基準)で現在も対応できていることや、弾力化制度は目的が十分に果たせていない一方で、問題が多いと市も認めていると指摘しました。

そして、通学区域弾力化制度は全面廃止すべき、まず小学校からなど段階的に廃止していくことも考えられると主張しました。

 

市では、4月25日の市教育委員会定例会議でどのように見直すかを決めたいとしています。

 

他に、現在の市民会館について、耐震診断結果に基づき会議室棟の3・4階を来年度から使用中止にすることや、中区役所の旧庁舎を解体するための事前調査でアスベストが発見されたことなどが報告されました。

 



コメント4通 “「通学区域弾力化」見直しなど議論 ~市民文教委”

  1. たけもと 17年04月26日 21:03:53

    弾力化制度を利用し隣接小学校に通っている2年生の姉がおり妹も来年から同じ小学校に通わせる予定です。
    距離が近い、安全、親の通勤経路であるなどの理由で通わせています。妹も同じ学校へ入れるよう許可していただかないと困ります。

  2. 市議団事務局(東田) 17年04月27日 15:35:36

    たけもとさま、コメントありがとうございます。
    ごきょうだいの通学のことは、大変深刻な問題ですね。実は、ほかにも同じようなご意見・ご要望が市議団にも寄せられており、市内各所で同じようなケースがあるだろうと思っています。
    日本共産党岡山市議団は、地域のつながりが薄れる、小規模校がさらに小規模に、大規模校がさらに過密に、などの課題があることから、弾力化制度に当初から反対してきました。
    同時に、小学校での制度廃止にあたり、現に利用されている方々の状況を十分に踏まえた対応をしなければなりません。子どもたちがつらい思いをしたり、学校に行きづらくなるなどの事態を未然に防ぐことがとても重要です。
    実態やお困りの状況など、これからもぜひお寄せください。教育委員会や議会で紹介したり対応を検討する際の参考にさせていただきたいと思っています。

  3. さとう 17年04月27日 17:03:18

    弾力化制度を利用して入学している子供のきょうだいの入学は許可してください。安全面でも子供の気持ちの面でも兄や姉と一緒に通学できない状況をつくらないでください。よろしくお願いします。

  4. 市議団事務局(東田) 17年04月27日 17:41:22

    さとうさま、コメントありがとうございます。
    先のコメントで申し上げた通りですが、子どもたちがつらい思いをしたり、学校に行きづらくなるなどが起こってはいけないと、強く思っています。
    議会でも、制度を利用されている方の状況を踏まえた対応などについて、論議していきます。

Trackback URI | Comments RSS

コメント募集中