日本共産党 岡山市議団

【市政ニュース速報版】 2017.2.9 №218号 岡山市 私立保育士の給与2%・約6千円引き上げへ みんなの願い 一歩前進!!



コメント2通 “【市政ニュース速報版】 2017.2.9 №218号 岡山市 私立保育士の給与2%・約6千円引き上げへ みんなの願い 一歩前進!!”

  1. 南区福島在住 17年02月9日 21:10:34

    どこの世の中の私立の保育士に2%6000円
    月額30万円の給料をもらっている人がおるのでしょうか。
    正社員40才前でも20万円前半。
    福祉法人によっては10万円台。
    もっと現実を見て!
    前進なんてさすが先生様様。

  2. 市議団事務局(東田) 17年02月10日 10:20:54

    >南区福島在住 さま

    ご意見ありがとうございます。

    もちろん、2%=6000円ということは月額30万円という計算となり、それが保育士の月額給与の普通の感覚と同じでないことは承知しています。

    このブログでは焦点を絞ったため書きませんでしたが、この記事はまだ速報であり、岡山市がどういう職員を対象に(たとえば、現場の保育士だけなのか、主任や園長などを含むのかどうか)とか、詳しい制度設計は、今後予算発表の段階で出てくるので、それを見て、考証することになります。

    また、これが、単純な月額なのか、一時金を含めた年収を12か月で割ったものなのかも、まだ不明です。

    ただ、今までより増える、岡山市がこれまではやってこなかった市独自の制度を創設する、というのは、それ自体は「前進」ではないでしょうか。

    もちろん、それがまだまだ足りない、現状からして不十分極まりないということは承知しています。記事にもそのように書いています。

    ですから、ゼロがイチになったという今回の事を第一歩として、市議団としては更なる拡充、向上をめざして議会でも論戦していく構えです。

    「もっと現実を見て」というご指摘はおっしゃる通りなので、ぜひ、働いておられたり見聞きされたりしている実態をお知らせください。

Trackback URI | Comments RSS

コメント募集中