日本共産党 岡山市議団

9月 6th, 2018

共産代表質問の項目 (9/11火10:00~田中のぞみ)

18年09月6日

2018年9月定例岡山市議会で、会派代表質問に立つ田中のぞみ議員が議会事務局に提出した発言通告(質問の項目)は、次の通りです。

1 平成30年7月豪雨災害から

(1)被災者支援について

(2)復旧について

(3)治水対策について

(4)避難について

(5)災害発生時の保育園、学童保育、小中学校について

(6)災害情報と危機管理機能について

(7)市職員と災害の検証について

2 憲法を守り活かす社会へ

3 国民健康保険について

4 社会保障の充実について

5 障害児・者施策に関わって

6 がん対策について

7 子育てしやすい岡山市へ

8 保育の充実について

9 教育環境の充実について

10 公共交通政策について

11 男女共同参画と性的マイノリティについて

12 市職員こそ充実を

 

質問は9/11(火)10時からです。

傍聴席(80席)で見ることができますし、インターネット中継でライブ映像を見ることもできます。

岡山市議会インターネット中継はこちら

 

 

(豪雨災害関連) 救援・復興のQ&Aが冊子に

18年09月6日

西日本豪雨災害の被害から生活や生業、地域を再建していくために、活用できる情報や制度、改善の方向性をQ&A方式で紹介している記事があります。その、「しんぶん赤旗」で連載中の記事がこのほど、冊子にまとめられました。

冊子のダウンロードはこちらから(日本共産党HP)

支援制度のわかりにくい説明に困っていたり、手間のかかる手続きに利用をあきらめてしまったりしている方にも情報を届けたい!

ぜひ、周りの方に広げてください。

(内容)

Q1 避難所の生活改善のために通知が出されていますがどのような内容ですか?

Q2 被害認定の基準はどのような運用になっていますか?

Q3 応急仮設住宅に入居できる基準はどのようなものですか?

Q4 日常生活の障害になっているがれきや土砂の撤去について、公費でできると聞きましたが?

Q5 中小業者が使える制度はどのようなものがありますか?

Q6 農業への支援策はどのようなものがありますか?

Q7 自治体が独自に行っている支援もあると聞きましたが?

Q8 「被災ローン減免制度」があると聞きましたが?

 

 

 

傍聴席への階段に昇降機が設置 明日から質問戦

18年09月6日

 

2018年9月定例岡山市議会は、明日9/7(金)から質問戦が始まります。

質問序盤は会派代表質問で、明日は自民党市議団と公明党市議団が質問します。

この9月議会に先立って、傍聴席に上がる階段の3階から4階までの部分に腰掛式の昇降機が設置されました。

岡山市議会は、地上の傍聴受付から傍聴席までが建物の4階分あり、1段1段上がっていかなければなりません。車いすの方については、議会事務局の職員などが集まって、傍聴席まで人力で持ち上げていました。

1階から3階までは、本庁舎のエレベーターで上がることができますが、迂回して長距離を移動する必要があります。昇降機で上がることができるのは3階からということで、決して十分ではありませんが、現状で可能なバリアフリー化の方策です。抜本的な解消には、本庁舎の建て替え問題が絡んでくるようです。

普段、昇降機は施錠されているので、ご利用を希望される際は、1階傍聴受付か議会事務局までお申し出ください。

 

ともあれ、明日からいよいよ質問戦。どうぞご注目いただき、できれば傍聴席においでいただいて直に市議と市当局のやりとりをご覧いただければと思います。

「発言通告」(代表質問の項目)はこちら (岡山市議会HP)

傍聴の手続きはこちら (岡山市議会HP)

 

インターネットでライブ中継を見ることもできます。

岡山市議会インターネット中継はこちら