日本共産党 岡山市議団

7月 19th, 2018

【岡山市政情報】 環境アセスの対象範囲などのルール作りに市民の意見募集(パブコメ)

18年07月19日

 

岡山市は今年3月に制定した環境影響評価条例(環境アセス条例)を具体的に運用するために、対象とする事業やその規模などについての基準を定める「施行規則」(素案)をまとめました。

例えば太陽光発電では、市街化区域であれば土地の形状変更面積が20ha以上、市街化調整区域であれば同10ha以上とか、鉄道や軌道の場合は長さ1km以上が環境アセスの対象となる、などと規定されています。

市では現在、この素案に市民の方から意見を募集するパブリックコメントを行っています。

ぜひ、みなさんのご意見をお寄せください。

 

◆意見募集期間 2018年7月13日(金)~8月10日(金)17:15必着

◆計画(素案)を見ることができる所

●市のホームページで計画(素案)や意見提出様式をダウンロードすることができます →意見募集のページ(岡山市HP)

●次の場所で閲覧できます

・環境保全課(市役所分庁舎6階)
・情報公開室(市役所本庁舎2階)
・各区役所(総務・地域振興課)、各支所(総務民生課)、各地域センター

◆意見を提出する方法

●記入事項・・計画(素案)に対する意見、住所、氏名

●期限内に、電子メール、ファックス、郵送、持参で岡山市環境保全課に提出

◆意見送付先、問い合わせ先

岡山市環境局 環境部 環境保全課

〒700-8544 岡山市北区大供1-2-3 分庁舎6階

電話086-803-1284

ファックス086-803-1887

 

 

【豪雨災害関連】 岡山市でも支援のワンストップ窓口を

18年07月19日

 

発災から10日を過ぎ、被災された方々の生活再建に向けた動きが始まっています。

岡山市の対応充実のために他市の状況を調べていると、福山市が今日(7/19)から被災者支援相談窓口を設けたという情報を目にしました。

被災者支援の総合相談や情報提供、生活再建にかかる支援制度の説明や手続きの案内、り災証明の発行、生活必需品の支給や住宅の応急修理などの相談受付などを1か所で行うことができます。

疲れ切っている方々には喜ばれることだろうと思います。

岡山市でもこのようなワンストップ支援窓口の開設を求めていきます。