日本共産党 岡山市議団

6月 14th, 2018

「過労死をなくそう」 全国一斉に電話相談、6/15(金)

18年06月14日

弁護士などでつくる「過労死110番全国ネットワーク」が、6/15(金)に全国一斉の電話相談を行います。

 

岡山では、以下のように対応されているとのことです。

◆日時 2018年6月15日(金)10:00~15:00

◆電話 086-221-0640

◆場所 岡谷県労働組合会議・事務所(岡山市北区春日町5-6)

 

ネットワークのホームページには、一斉相談の全国の電話番号が紹介されているほか、過労死を防ぐための提案や通常の相談先なども載っています。

過労死110番全国ネットワーク

 

あなたやあなたの大切な人を「過労死」させないために、社会から「過労死」をなくすために、困っていることや気になることがあれば、ためらわずに電話してみてください。

 

 

 

県議会では、氏平みほ子県議が6/15(金)に質問

18年06月14日

 

 

岡山県議会では明日(6/15金)、日本共産党の氏平みほ子県議が質問に立ちます。

(質問項目)

1.農業振興について

2.種子法の廃止について

3.国民健康保険の都道府県化について

4.無料低額診療制度について

5.ふるさと岡山”学び舎”環境整備事業について

 

岡山市が政令市になってから、県との関係が見えにくくなっていますが、国民健康保険の都道府県化や障害者の医療助成制度など保健福祉の分野をはじめ、県の姿勢が影響することは多々あります。

また、氏平県議が取り上げている「種子法の廃止」問題では、都道府県レベルで廃止された法に代わる条例化の動きがあるなど、県ならではの役割もあります。

ぜひ県議会での論戦にもご注目ください。

 

岡山県議会インターネット中継

 

交通、子育て・教育、地域、障害者、防災など~ 34人の個人質問の項目判明

18年06月14日

平成30年6月定例市議会 発言通告、傍聴案内(市議会HP)

今議会での個人質問の項目や議場で傍聴する手続きについては、上のリンクから見ることができます。

交通問題や子育て・教育、地域づくり、障害者、防災などで複数の議員がそれぞれの立場から質問に立ちます。

また、市政の分野は多岐にわたってるので、1人が取り上げるだけだとしても、それぞれ重要なテーマを含んでいることもあります。

今議会での個人質問予定の特徴のいくつかをご紹介します。

・岡山市議会の申し合わせなどで質問に立たない議員を除く40人のうち34人が質問に立ちます(85.0%)。

・再質問以降は大きな項目ごとに質疑を繰り返す「一問一答方式」で質問する議員は、2012年6月議会での試行開始からちょうど6年の今回、初めて5割に達しました。

・女性議員は5人全員が質問に立ちます。

・2015年4月の当選後、すべての定例議会で質問に立っている議員は23人です。(出産のため届を出して休んだ田中のぞみ議員を含めると24人)

 

ぜひ、市民の方おひとりおひとりの気になるポイントから、市議会に興味を持ってみてください。