日本共産党 岡山市議団

6月 6th, 2018

6/8(金)は6常任委で議論

18年06月6日

6/12(火)から始まる6月定例議会を前に、さまざまな議題について話し合う常任委員会が8(金)に開かれます。

午前10時に始まり、それぞれ予定の議題の審議が終わったところから終了します。

6/8常任委員会の議題について(市議会HP)

 

傍聴はそれぞれ10人定員で、午前9時から議会2階受付で手続きできます。

傍聴の手続きはこちらから(市議会HP)

 

各委員会の主な議題は次の通りです。

«総務委員会»

・「地域の未来づくり推進事業」

・新市建設計画の実施行程表の変更

・岡山市災害時受援計画の策定  など

 

«保健福祉委員会»

・住宅宿泊事業実施運営指導指針の制定

・児童家庭支援センターの設置

・幼保一体化に向けた地元関係者に対する説明の経過  など

 

«環境消防水道委員会»

・産廃処分場に関する裁判

・東部クリーンセンターの売電料金滞納

・岡山市消防団の報酬等の取扱い  など

 

«経済委員会»

・市内中小企業の設備投資などへの支援

・「桃太郎伝説」ストーリーにまつわる日本遺産認定  など

 

«建設委員会»

・梅雨、台風、ゲリラ豪雨など大雨への備え

・都市計画マスタープラン改定

・公共交通に関する諸課題  など

 

«市民文教委員会»

・人権教育及び人権啓発に関する基本計画の改訂

・斎場整備

・市立公民館基本方針の策定

・市立図書館整備実施計画の見直し  など

 

「東日本大震災 宮古市の記録」 貴重な労作です

18年06月6日

 

日本共産党岡山市議団は、2011年の東日本大震災から被災地の支援を続けています。2016年には台風10号豪雨災害もあり、このブログでも岩手県岩泉町への救援物資の協力を呼びかけたことがあります。

このほど、岩手県宮古市の日本共産党議員団から東日本大震災の記録集が届きました。宮古市が編纂したもので、第1巻が「津波史」編、第2巻は上「復興・防災」編と下「記憶伝承」編となっています。

例えば、「津波史」編には、東日本大震災について発災後の各地の様子、被害の概要、対応の経過などが詳しく書かれています。また、史料に残る津波の歴史や近世以降の津波被害の詳細などが記されています。

そのほか、全国・全世界から寄せられた支援や、復興・防災対策を進めている現在の様子や、たくさんの市民の方の生々しい体験談などが、写真ともに掲載されています。

 

今回いただいた貴重な資料を十分学んで、岡山でのいずれ来るであろう巨大地震への備えを進めていかなければなりません。

 

記録集は市議団控室に置いていますので、ご覧になりたい方はお問い合わせください。

(日本共産党岡山市議団086-803-1707)