日本共産党 岡山市議団

4月 6th, 2018

高畑勲さんが語った「戦争をできないようにする方法」

18年04月6日

「火垂るの墓」や「平成狸合戦ぽんぽこ」などを手がけたアニメ映画監督の高畑勲さんが5日、肺がんのため亡くなられました。82歳でした。

高畑さんは1943年から岡山市に住んで、45年6月29日の岡山空襲を体験されました。

2015年には、岡山市主催の平和講演会で、ご自身の空襲体験やそのことが創作活動にどんな影響を与えたのかなどをお話しされました。また講演後のインタビューでは、日本国憲法第9条について、戦争をさせないようにしている世界最先端の知恵とも語っておられました。

高畑勲さんのご逝去を心から悼み、志を受け継いでいきたいと思います。

 

高畑勲さん死去 故郷・岡山で語った空襲体験「日本が戦争をしないために必要なこと」 KBS瀬戸内海放送

 

東区で市政報告会 5/10に西大寺公民館で

18年04月6日

【印刷用PDF】180510 チラシ

 

日本共産党岡山市議団は、議会で決まったことや市政の最新の動きなどを市民の皆さんにご報告する会を、議会ごとに市内各所で開いています。東区では、5/10に西大寺公民館で開催します。

 

2018年2月定例市議会では、国民健康保険料の実質7年連続値上げが強行されました。一方で、駅前の路面電車乗り入れや吉備線LRT化など、巨額の予算が必要な事業を次々推進する、弱者に冷たい大森市政の姿があらわになってきました。

高齢者、障害者、教育、公立幼稚園・保育園の廃止民営化、生活交通、斎場など、第2期大森市政のもとでの様々な動きをご報告し、市民の方のご意見もうかがいたいと考えています。

どなたでもご参加いただけます。ぜひ、お誘い合わせておいでください。

◆日時 2018年5月10日(木)14:00~15:30

◆場所 西大寺公民館・第1講座室(岡山市東区向州1-1)

◆主催・問い合わせ 日本共産党岡山市議団(電話086-803-1707)