日本共産党 岡山市議団

3月 8th, 2018

3/9(金)から議案審査の常任委員会がはじまります

18年03月8日

2018年2月定例岡山市議会は、3/9(金)から6つの常任委員会でそれぞれの所管する議案や陳情などを審議します。

1つ1つの議案や陳情について、委員会として賛否を決めます。

日程は3/14(水)の予備日まで最大4日間とられていますが、それぞれごとに案件が終わればその委員会も終了するので、スタートの3/9(金)午前10時が同時なだけで、あとは委員会ごとにバラバラです。

今議会は2018年度の予算をはじめ、たくさんの条例改定や公共交通をはじめとする市の喫緊課題など、重要案件がいくつもあります。

 

委員会は、どなたでも傍聴可能です。朝9時から議会棟2階受付で手続きができます。

岡山市議会ホームページ 委員会の案内

 

委員会はインターネット中継されておらず、議事録も公開されていないので、議論の様子を知るには傍聴するしかありません。関心のある方はぜひ議会においでください。

 

 

 

 

県議団が報道に関する見解を発表しました ※追記あり

18年03月8日

 

 

本日3月8日に日本共産党岡山県議団が、3月3日付毎日新聞で報じられた岡山県議の国内視察問題に関して、見解を発表しました。

全文は、森脇ひさき県議のブログで読むことができます。

https://blog.goo.ne.jp/moriwaki-h/e/1f1b81216df5077bdc9796c3c08eb57c

 

(以下追記 2018.3.8 16:44))

今回の報道で指摘されている須増伸子県議が自身のブログ等で発表している文章を、下のリンクおよび引用でご紹介します。

毎日新聞「国内視察報告」報道について

毎日新聞「国内視察報告」報道について

  毎日新聞の視察報告書問題の報道について、私の新任研修会の時の報告書が含まれていました。
この問題で日本共産党県議団で見解を出しました。
私のことで、県民の皆様にご心配をおかけしたこと、大変申し訳なく、お詫び申し上げます。
また見解発表が遅くなったことお詫びします。

 これまで私は、議員派遣旅費や、政務活動費を使った議員個人の視察や研修の場合、いずれも報告書を出してきました。
しかし、2015年の8月におこなわれた全国都道府県議長会が主催した新任議員研修会に事務局随行のもと参加したさい、岡山県議会の慣例で行われていた、事務局職員の報告書を確認しそのまま提出をするという対応をしていました。

日本共産党の議員として、慣例を追認するのではなく、正すことが求められたと思います。
これからは、見解にあるように、事務局職員がついてくる研修、出張であっても報告書を提出します。