日本共産党 岡山市議団

3月 1st, 2018

地域公共交通、ごみ処理問題を問う 河田正一議員の個人質問は3/2(金)10:00

18年03月1日

 

明日3/2(金)、2月定例議会は個人質問の2日目。10時から市議団の河田正一議員が質問に立ちます。

今回取り上げるテーマは、「地域公共交通」と「可燃ごみ広域処理計画」の2つです。

 

地域公共交通では、両備HDによるバス路線廃止届問題をとりあげ、公共交通のそもそも論を含めて議論します。

地域公共交通の性格、自治体が地域公共交通に支出している規模、交通網を維持するのに必要な財源とその確保策などの議論を通じて、岡山市のやるべきことが浮き彫りにできるようがんばります。

 

可燃ごみ広域処理は、岡山市が玉野市と久米南町と協定を結んで、2市1町の可燃ごみを岡山市内に新設する可燃ごみ焼却場で処理する計画について、岡山市の考え方をただします。

現在の計画では、岡山市の可燃ごみの減量目標はとても貧弱で、このままでは巨大な施設を巨費を投じて作ることになりかねません。「とにかく、なんでも燃やせ」では、地球温暖化対策にも逆行する情けない姿勢と言わざるを得ません。岡山市が循環型の環境先進都市を目指すよう、市の方針転換を目指します。

 

市議会本会議での質疑は、どなたでも傍聴できます。

また、お手元のパソコンやタブレット、スマートフォンでインターネットでのリアルタイム中継をご覧いただくこともできます。

岡山市議会インターネット中継

ケーブルテレビOniビジョンでは、当日の夕方6時から録画を放送します。

 

ぜひ、関心を持っていただき、論戦の様子ご覧ください。