日本共産党 岡山市議団

18年03月

2018年2月定例議会の動画

18年03月30日

2018年2月定例岡山市議会での質問の様子をご覧いただける動画はこちらです。

 

◆代表質問(東つよし)

東つよし代表質問(2018.2.28)①最初の質問(約50分)

東つよし代表質問(2018.2.28)②最初の答弁(約1時間22分)

東つよし代表質問(2018.2.28)③再質問以降(約23分)

 

◆個人質問

河田正一個人質問(2018.3.2)(約48分)

田中のぞみ個人質問(2018.3.6)(約48分)

林じゅん個人質問(2018.3.6)(約43分)

竹永みつえ個人質問(2018.3.7)(約37分)

 

 

【おすすめイベント】 退職教職員アピール記者発表&交流集会 4/6

18年03月29日

 

県内の退職教職員3団体が呼び掛け、「9条改憲NO! 3000万人署名の成功へ」をテーマに、幅広い参加者でとりくみます。

 

◆日時 2018年4月6日(金)13:00~15:00

◆場所 おかやま西川原プラザ・第1会議室(岡山市中区西川原255 アクセスなどこちら

◆主な内容 宮本龍門さん(おかやまいっぽん共同代表)と森本栄さん(元連合岡山会長)の対談「憲法、平和、日本の未来への思い」や、各地域での取り組みの交流など。

◆連絡先 岩佐さん(電話090-4653-3656)

 

 

(速報) 浅田裁判で市が控訴

18年03月28日

65歳になった重度障害者への福祉的サービスを岡山市が打ち切った問題で、市内に住んでいる浅田達雄さんが岡山市を訴えていた裁判は、3/14に浅田さん全面勝訴の地裁判決が出ていました。これに対し、控訴期限の今日3/28、岡山市は地裁判決を不服として、広島高裁岡山支部に控訴しました。

岡山市が主張の根本にしてきた、”65歳になった障害者の受けられるサービスは障害福祉サービスより介護サービスが優先される”という「介護保険優先原則」は、国が柔軟な運用を求める通知を出し、その後岡山市も運用を見直して、当時の浅田さんにしたような不支給決定は行っていません。

 

「法律の解釈を上級審で」という主張のようですが、機械的に法律論を問い、浅田さんの命がけの訴えを受け止めようとしない冷たい姿勢が、改めてあらわになりました。

 

市の今回の判断は決して許せません。福祉に冷たい判断をする市政を変えていかなければなりません。

 

 

 

 

【おすすめイベント】 日本の子どもと子どもの権利を考える学習会 3/31

18年03月27日

子どもの条約を批准した国は定期的に国連に報告書を提出することになっています。合わせて国内の市民団体などもカウンターレポートを出すようになっています。

昨年6月に日本政府が第4・5回政府報告書を、11月には市民が報告書を出しました。そして今年2月には国連で予備審査がありました。市民からのレポートのうち16件は岡山から出されています。

予備審査に参加した堀尾輝久さんが、政府報告書の問題点や予備審査の様子などをお話しされます。会場では市民レポートが販売される予定です。

 

◆日時 2018年3月31日(土)14:00~16:30

◆場所 きらめきプラザ7階705会議室(岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館/岡山市北区南型2-13-1)

◆参加費 無料

◆主催・連絡先 子どもの権利条約をすすめる会・岡山事務局(電話086-254-8751)

 

 

 

市内の洪水対策大丈夫? 市議団主催で学習会

18年03月26日

 

旭川の洪水対策として、百閒川の改修工事が進められており、現在は旭川との分岐点のところを改修しています。

この中で、岡山市内の洪水対策はどうなっているのか、自分の住んでいる地域は大丈夫だろうかなど、市民の方から疑問や不安が市議団に寄せられています。そういった声に応えようと「百間川改修と岡山市内の防災」というテーマで25日に学習会を開きました。

学習会では、国と県の担当者の方から説明を聞きました。ダムとの関係や、大雨や洪水の時に流れる水の量の確認など、参加者の皆さんと意見交換をしたり、ダムは発電ありきになっていないか?想定外の洪水の時は本当に大丈夫なのか?などの質問が出たりしました。

 

「浅田訴訟」岡山市は控訴するなと申し入れ

18年03月26日

 

日本共産党岡山市議団の竹永みつえ、田中のぞみ、東つよし各市議は26日、「浅田訴訟」で岡山市が控訴しないよう求める要請書を、森安浩一郎市保健福祉局長に手渡しました。

重度障害者の浅田達雄さんが65歳の誕生日を迎える際、介護保険を申請しなかったことを理由に、それまで受けていた障害福祉サービスをすべて打ち切られたことに対して岡山市を訴えていた裁判で3月14日、浅田さん全面勝利の地裁判決が出ています。

岡山市長や市議会の議長・各会派には、全国から「控訴するな」の要請が手紙やFAXなどで届いています。この間、浅田さんを支援してきた市議団も28日の控訴期限を前に、市に対して強く申し入れたものです。

 

(16:10加筆)午後には、市長あての要請を市長公室長に手渡しました。(写真下)

 

 

2018年3月26日

岡山市長
大森 雅夫 様

日本共産党岡山市議団

 団長 竹永 光恵

 

「浅田訴訟」の控訴を断念することを求める要請

 

日頃より岡山市民の福祉の増進にご奮闘されていることに敬意を表します。
岡山市中区在住の重度障害者浅田達雄さんが岡山市を相手に争っていた裁判(障害者自立支援法処分取消等請求事件)で岡山地裁は3月14日、浅田さんの訴えを全面的に認める判決を出しました。①岡山市の処分を取消し、②障害福祉サービスの支給を義務付け、③慰謝料等の支払いを命じるというものです。
厚生労働省の2014年の調査では、全ての政令市・中核市を含む全国258市区町村のうち、岡山市が浅田さんに行ったような障害福祉サービスの申請を却下する取扱いをしていたのはわずか6市区町村でした。
厚生労働省はいわゆる介護保険優先原則について各自治体に対し、障害者の個々の実態に即した適切・柔軟な運用をするよう求める通達を出していました。岡山市でも現在はそのように運用されており、判決でもそのことが指摘されています。岡山市が控訴して争うべき事情は存在しません。
浅田さんの苦しみをこれ以上長引かせるべきではありません。
今回の判決を厳粛に受け止め、岡山市として控訴しないことを強く求めます。

以上

 

【控室の窓から】 春ですね

18年03月23日

 

ここ数日の急な冷え込みで、体調を崩した方はおられませんか?

日曜ごろまでは夜から朝にかけてまだ冷えそうですが、その後は一気に暖かくなりそうな予報ですね。

今朝の通勤中に見た桜並木もつぼみが随分とふくらんできていて、あと一押しでパーッとはじけるようにして一斉に咲きそうな、そんなことを予感しました。

控室で飾っている菜の花もいい香りを部屋に振りまいてくれて、仕事の合間ににおいをかぐと、ちょっとだけほっとできます。

 

今日は岡山市職員の異動の内示がありました。4月からの職場や地位、職務が伝えられ、それぞれの職場で引き継ぎなどの作業があと1週間で行われることになります。議会棟も、昼からはなんだかあわただしい雰囲気がちょっとだけありました。

 

内示の一覧表を見ていると、様々な場面でお世話になった市職員の方々のことが、「あ、あそこに移られるんだ」「いつの間にか定年を迎えられてたんですね」「昇任だ、お会いしたらお祝いを言わねば」など、思い浮かびます。

異動される方もそうでない方も、それぞれのステージがあるのだと思います。4月からも、ぜひ健康にご留意しながら、市民生活の擁護と市政の発展に力を尽くしていただければと思います。

退職される方々は、本当にお疲れ様でした。どうぞ新しい人生を謳歌なさってください。もちろん皆様も健康にご留意されながら。

 

春ですね。

 

テレビ番組「あっ晴れ!岡山市議会」 3/25放送

18年03月22日

 

市民の方々に市議会に関心を持ってもらい、身近に感じてもらおうと、岡山市議会の役割や活動をわかりやすく紹介するテレビ番組「あっ晴れ!岡山市議会」の次回放映日程が決まりました。

30分番組で、中には日本共産党岡山市議団の活動を紹介したり、竹永みつえ議員が地元東区西大寺の五福通りを紹介したりするコーナーもあります。

ぜひご覧ください。

 

◆テレビせとうち(7チャンネル)

3月25日(日)13:30~

(再放送)3月28日(水)15:30~

 

◆ケーブルテレビOniビジョン

3月25日(日)20:00~

3月26日(月)23:00~

3月27日(火)19:30~

3月28日(水)16:00~

3月31日(土)17:00~

 

 

Next »