日本共産党 岡山市議団

4月 12th, 2017

【岡山市議会】 当面の日程

17年04月12日

◆常任委員会

市民文教委員会 4/18(火)13:00~

(主なテーマ)

・今の市民会館の今後について(先日公表された耐震診断結果などを受けて、今後どうしていくかなど)

・通学区域制度弾力化について(小中学校の通学区域弾力化制度について、今後どうしていくかなど)

 

◆本会議

5月臨時市議会 5月17日(水)・18日(木)

(主なテーマ)

・正副議長の選出

・6常任委員会の委員を決めることと正副委員長の選出

・特別委員会の設置と委員の決定および正副委員長の選出

・議会運営委員会(議運委)の委員を決めることと正副委員長の選出

・議会活動を検討する組織の設置 など

岡山市議会では慣例で2年ごとに議会内の諸役や委員会構成を交代しており、市議選から2年経つことから、この臨時議会でさまざまなことが決定されます。

 

常任委員会と本会議は、どなたでも傍聴できます。ぜひ市議会の動きを観においでください。

岡山市議会ホームページ

 

【控室の窓から】 佳い香りが部屋中に

17年04月12日

 

控室にフリージアの甘くやわらかい香りが広がっています。

今朝、うちの庭から摘んできたときにはつぼみばかりだったのですが、水にさしてからどんどん花が開いてきて、独特の香りを楽しませてくれています。

控室に来られる職員さんのなかにも、うれしそうに匂いをかぐ方もおられて、ちょっとうれしい。

うちの庭で見る人も少なく咲いていつの間にか散るよりは、花にとってもよいのでしょうか、、、。

 

今日は、団事務局から団長と幹事長に団会計について、2016年度決算を報告し、2017年度予算の相談をしました。

決算は、内容を確認してもらって、やれやれ一山越えたというところ。この後、記載事項や添付書類に漏れが無いかなどを丁寧にチェックして、4月中に議会事務局に提出すれば、決算関係は完了します。

予算は、今年度の新たな取組みの検討や、政策調査活動に重点配分するための工夫などについて、話し合いました。

 

今日(4/12)のしんぶん赤旗で報道されているように、国が入院ベッド数を15万床以上なくそうとしていることをはじめ、医療・介護・年金などで、暮らしを厳しくする動きは更にピッチを上げて進んでおり、岡山市政が市民の命と健やかな暮らしを守る立場に立つのかどうかは、本当に大きく問われる今となっています。

 

そうした中で、10/1投票の市長選と中区の市議補選(定数1)まで、もう半年を切りました。

今の大森市政には、一見して大きな失点はないように思えるかもしれませんが、福祉や暮らしの分野で国が制度改悪を次々に実行していることに対しては、何もものを言わないし、市独自で改悪から市民を守る工夫もほとんどしていません。

 

市民の命と暮らしを守る岡山市政の改善のために、やるべきことは山積。

今年の団の活動が、この方向でよりレベルアップしていけるように、事務局としても頭と目と耳と口と、そして足と手をたくさん動かして取り組んでいきたいと思っています。

 

でもまあ、気持ちをリラックスさせるために、鼻(花)もしっかり活用していきましょうか。

ほんとにいい香りが広がっている、午後の控室でした。