日本共産党 岡山市議団

'市政ニュース' カテゴリ

市民の願いに冷たい答弁も これが第二期大森市政の方向性?

17年12月7日

 

日本共産党岡山市議団を代表しての林じゅん議員の代表質問が終わりました。

大森市政2期目のスタートにあたって、市民からの暮らし・福祉・教育の充実を求める願いを取り上げましたが、冷淡な答えが続いてがっかり。

その中でも、学校へのエアコン設置や就学援助の入学準備金の前倒し支給、学童保育への公的責任、駅前での受動喫煙防止策の前進など、きらりと光るものも。現場で市民のための施策拡充を努力してこられた職員の方々に感謝です。

 

代表質問は終わりましたが、週明けには東・河田・田中・竹永が個人質問に立ちます。代表質問の内容をよく精査して、粘り強くとりくみます。

 

(質問や提案 ⇒ 市側の答え)

◆核兵器禁止条約の署名運動に協力を ⇒ 核兵器廃絶に向けた方法や考え方にはいろいろな意見があるので、市有施設への署名コーナー設置は慎重に検討(≒現時点でやるつもりがない)

◆国民健康保険の引き下げを ⇒ 保険料引き下げのための予算措置は困難

◆岡山駅周辺の受動喫煙防止を ⇒ 駅前3か所の喫煙所の在り方についてJRと協議中

◆平成32年度以降の保育所整備計画を立てるべき ⇒ 国の動きを注視するとしか言えない

◆学童保育の質向上のための運営主体をどう考えるのか ⇒ 市が主体性持って早急に検討したい

◆子どもの医療費無料化の拡大を ⇒ 1割負担は保護者と医療機関の 双方の負担軽減に効果あるので続ける

◆障害福祉サービスの1割負担を市独自で減免すべき ⇒ 低所得者対策はあるのでさらなる軽減は必要ない

◆今期と次期で介護費用の見込みは大体同じなので、介護保険料引き上げる必要はないのでは ⇒ 必要だ

◆30人学級を実現すべき ⇒ 一律に30人とは考えていない

◆小中学校にエアコン設置を ⇒ まず中学校に全校設置をめざす

◆中区に図書館を ⇒ 図書館を建設するとした計画を見直す

◆公民館の全体方針には社会教育の理念を生かすべき ⇒ 社会教育法などを踏まえてつくる

◆核ごみを増やし続ける原発稼働は無責任だ ⇒ 国の専権事項なのでコメントしない

◆マイナンバーを記載しないことで受理されない書類はあるか ⇒ ない

・・・・・・

 

2017年11月議会での代表質問の項目です

17年12月4日

日本共産党岡山市議団(林じゅん)の代表質問は、以下の日程(予定)です。

12月7日(木)13:30頃~

 

 

≪代表質問の項目(予定)≫

1 平和憲法を守る姿勢を
(1)核兵器禁止条約の批准に向けて
(2)平和憲法を守る姿勢を明確に

2 いのちを守る岡山市に
(1)国民健康保険制度
(2)がん対策
(3)自殺対策
(4)種子は公共財 安全・安価な種子供給を

3 子育てしやすい岡山市へ
(1)待機児童の解消
(2)放課後児童クラブの運営平準化
(3)子どもの医療費の無料化拡大

4 子どもの貧困対策について

5 障害者にも高齢者にもやさしいまちづくりについて
(1)障害者の負担軽減
(2)介護保険の負担軽減

6 全ての人の人権が保障される市政を進めることについて
(1)性別に関わらず輝ける岡山市に
(2)DV対策

7 教育環境の充実について
(1)30人学級の実現
(2)全国学力テストの中止
(3)小中学校のエアコン整備の推進
(4)小中学校の洋式トイレ整備の推進
(5)図書館の整備
(6)中央公民館の機能と施設
(7)司書の体制充実
(8)夜間中学校

8 環境行政について
(1)サーマルリサイクルの見直しと家庭ごみ収集

9 斎場整備について
(1)新斎場予定地
(2)炉数の算定

10 市として「原発ゼロ」をめざす立場に立つことについて
(1)核廃棄物の受け入れはしないこと
(2)原発ゼロを国に求めること

11 市民本位の行政運営について
(1)市民への情報公開
(2)行政サービスの体制
(3)マイナンバー
(4)岡山県広域水道企業団からの受水
(5)地域振興基金
(6)所有者不明の土地
(7)財産区の管理

 

市政ニュース速報版 №228(2017年12月1日)

17年12月1日

PDFファイルはこちら→市政ニュース速報版171201

 

暮らし 福祉 子育て 最優先の市政めざして全力で

2017年11月定例岡山市議会が12/21までの日程で始まりました。今議会は、市長選挙後初の議会です。日本共産党岡山市議団は、先の市長選挙で「福祉に冷たい大森市政を、暮らし・福祉・子育て最優先の市政に切り替えよう」と提案する候補を支援して頑張りました。
子どもの医療費無料化拡大や国保料引き下げ、認可保育園と保育士を増やして待機児解消など、市長選でも掲げた公約の実現をめざして論戦します。
また、産廃跡地を不当に高い価格で買った上、地元住民の反対を無視して進める新斎場整備や、後楽館中高跡地を最高額より2.8億円も安く売った資料を黒塗りで出すなど、「市民に丁寧に説明」という言葉とは裏腹な市長の姿勢を厳しく追及します。
質問の様子は議場で傍聴できるほか、インターネットやケーブルテレビでも視聴できます。共産党市議団の論戦をぜひご覧ください。

 

 

11月議会前の常任委を開催 11/28(火)10:00~

17年11月24日

岡山市議会は11月定例議会(11/30~12/21)に向けて、事前の常任委員会を28日に開きます。

開会は午前10時から、終了時刻は委員会によってまちまちです。当日午前9時から議会棟2階で傍聴受付が行われます。

各委員会の主な議題は次の通りです。

 

<総務委員会>

・平成30年度機構改正(案)

・岡山市の財政状況  など

 

<保健福祉委員会>

・地域共生社会推進計画(地域福祉計画)

・第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画

・市オレンジプラン、市認知症ケアパス(ガイドブック)

・国保財政運営の都道府県化について

・障害者プラン、第5期障害福祉計画、第1期障害児福祉計画

・食育推進計画(第3次)

・自殺対策計画  など

 

<環境消防水道委員会>

・産業廃棄物処理施設設置許可処分取消請求事件

・市水道事業総合基本計画(アクアプラン2007)の総括  など

 

<経済委員会>

・市中小企業振興条例の改正

・新産業ゾーン企業団地の用地売払い  など

 

<建設委員会>

・県南広域都市計画高度利用地区の変更および第一種市街地再開発事業の決定

・市都市計画マスタープランの見直し

・生活交通の検討

・烏城公園(石山公園地区)再整備  など

 

<市民文教委員会>

・新しい文化芸術施設

・岡山芸術交流

・岡山市スポーツ推進計画の見直し

・人権教育及び人権啓発に関する基本計画の改訂  など

 

 

 

11月議会に提案される予定の全議案(PDF/記者発表資料)

保育園に入れない岡山市の子どもが1300人以上 (10/1時点)

17年11月22日

岡山市は11月22日、10月1日時点での「待機児童は652人」と発表しました。4月1日時点の849人からは197人減ったとしています。

市内の認可保育園・認定こども園に入園を申し込んでも入れなかった子どもは全体で1312人で、4月1日時点の1495人から183人減りました。

 

まだ今でも1300人以上の子どもが保育園に入れないという、大変な状況です。求職活動をやめた、つまり仕事に就くのを(少なくとも当面は)諦めた方も23人に上っています。

「待機児童ではない」とされた子どものうち137人は、認可保育園より基準の低い施設に入ったことで待機児童から外されました。

「特定の保育所等を希望」しているとされる500人も待機児童から除かれていますが、この中には自宅や職場の場所、家族や子どもの状態などさまざまな理由で、入園希望園を1つか2つだけ書いた(第3希望まで書かなかった)方が多く含まれています。

 

人為的に縮小された「待機児童652人」だけを見ては、子育てに苦労している市民の実態に寄り添ったことにはなりません。

また、岡山市は先の8月議会で、待機児童の多い地域の1つでもある北区北長瀬の市有地に認可外の保育施設を導入する議案を強行しました。

こういう岡山市のやっていることを見ると、「保育の質」を本当に大事にしようとしているのか、とても不安です。

 

来年4月の保育園等への入園申請は、昨日11/21に締め切られました。

 

間もなく始まる11月定例岡山市議会でも、保育の質と量の両方の追及が、しっかり議論されなければなりません。

 

11/30から11月定例市議会 共産の代表質問は林じゅんが12/7午後に

17年11月21日

 

2017年11月定例市議会の日程 (岡山市ホームページ)

 

岡山市議会2017年11月定例議会は、11/30~12/21の日程で開かれます。

今議会は、大森雅夫市長が再選されて最初の議会ということで、今後4年間の市政運営にあたってどういうことを大事にしてどういう方向を目指して進んでいくのか、その中で来年度予算やさまざまな計画をどう組み立てていくのかについて議論されます。

各会派が60分(市民ネットは40分)の持ち時間を使って会派代表質問を行うほか、個人質問も行われます。

 

来年度は、福祉分野をはじめとてもたくさんの計画が新たに作られたり、改定されたりします。

国民健康保険や介護保険は、すでに来年度からの値上げの方向性が示されています。

また、高齢者・障がい者・児童などを「地域共生」でつなぎ地域で支えるという新たな福祉の方向性を具体化していくための「地域共生社会福祉計画」や、障害者・障害児にかかわる計画の策・改定が進められています。

このほかにも、路面電車の駅前乗り入れ、吉備線LRT化問題を含め、各地域の交通問題にどう取り組んでいくのかを示す総合交通計画も策定をめざして作業が進んでいます。

これ以外にも重要課題がたくさん同時並行で進んでいる時期に開かれる定例議会です。これからの市民生活をどのようにしていくのか、その中で福祉の向上という自治体本来の役割をどう確実に果たしていくのか、議会の責任もとても重いものがあります。

 

日本共産党岡山市議団は、12月7日(木)の午後に林じゅん議員が代表質問に立ちます。また、竹永みつえ・河田正一・田中のぞみ・東つよし各議員は、市民の暮らしを守り支えるための各分野の施策の前進を目指して個人質問に立ちます。

ぜひ関心をお寄せください。

 

<2017年11月定例岡山市議会の主な日程(予定)>

11/28(火) 常任委員会(11月議会での議案の大要が判明)

11/30(木) 本会議(初日)(大森市長の議案提案理由説明、2016年度決算審査の報告と採決など)

12/6(水) 代表質問(自民、公明)

12/7(木) 代表質問(創政、共産)

12/8(金) 代表質問(市民ネット)、個人質問

12/11~14(月~木) 個人質問(続き)

12/18(月) 常任委員会(すべての議案と請願・陳情を委員会として採決)

12/21(木) 本会議(最終日)(すべての議案と請願・陳情を全議員で採決)

 

※請願・陳情の締め切り・・12/7(木)17時まで 議会事務局持参

※個人質問の日程確定・・12/5(火)夕方

 

 

市民から意見次々 議会論戦に生かします ~11/19市政報告会

17年11月20日

 

日本共産党岡山市議団は19日、市勤労者福祉センターで市政や議会の最新の動きを報告したり、11月議会に向けてご意見やご要望をお聞きする市政報告会を開きました。

市内全域からおいでくださった皆様、ありがとうございした。

 

報告会では、各市議が市政ニュースなどを使いながら、市政の各分野について報告しました。

保育、国民健康保険(国保)、介護、障害やA型事業所問題、大規模太陽光、産廃、斎場など、幅広い分野やテーマでたくさんのご意見やご質問、ご提案をいただきました。

市議団では、今日の団会議でも早速、いただいたご意見などを検討して、調査事項なども確認しました。

11月議会の質問や今後の政策立案に生かしていきます。

 

 

介護保険、地域共生社会、障害者プラン、教育など論議 週明けに審議会など次々

17年11月17日

岡山市では今、計画の年度内の策・改定に向けた議論や、すでに策定している計画の進捗状況を踏まえて見直しなどを検討する議論が、福祉の分野を中心にいくつも同時並行で、進められています。

週明けには、それらを議論する審議会などが次々に開かれます。どれも傍聴可能なので、「いったい、どんな議論をして、どうやって決まっているの?」ということを、実際に見てみませんか。

 

◆障害者プラン、第5期障害者福祉計画、第1期障害児福祉計画

「障害者施策推進協議会」

2017.11.20(月)10:00~ 岡山市保健福祉会館9階機能回復訓練室(岡山市北区鹿田町1-1-1)

 

◆第7期高齢者福祉計画・介護保険事業計画、地域共生社会推進計画

「保健福祉政策審議会」

2017.11.20(月)13:30~ 岡山市保健福祉会館9階機能回復訓練室(岡山市北区鹿田町1-1-1)

 

◆岡山市教育大綱

「総合教育会議」

2017.11.21(火)15:30~ 岡山市役所本庁舎3階第3会議室(岡山市北区大供1-1-1)

 

Next »