日本共産党 岡山市議団

'団日誌' カテゴリ

6月議会まもなくスタート 個人質問準備は佳境

17年06月6日

まもなく始まる岡山市議会2017年6月定例会に向けて、議会での動きが活発化してきています。

今日6日には、開会前のプレ常任委員会が開かれ、6月議会に上程される予定の予算や条例案などの議案や、この間の各分野の事業などの進捗状況などが報告されました。

今議会での個人質問は14日からですが、その通告締切は9日の15時で、あと3日足らず。市議団の各議員は、自分の個人質問のテーマに関係する他の委員会の情報交換などをしながら、準備に必死です。

資料をあちこちから集め、現場を調査したメモを見ながら、当局から情報収集もしながら、次第に焦点を絞り込んでいく作業を、いまも何人かの議員が部屋にこもって続けています。

 

一方、議会の動きで言えば、5月臨時議会の際に不信任決議を受けながらも議長職を辞さなかった宮武博氏は、現時点でも議長辞任の動きを見せていません。

日本共産党岡山市議団は、不信任決議可決後も居座る宮武氏に対し、辞任するよう5/19に申し入れましたが、態度が変わらないのであれば、議長が議会の議決を無視するという深刻な問題であり、あらためて行動しなければならないと考えています。

 

あさって8日から始まる6月議会、日本共産党岡山市議団は、市民のいのちと暮らしを守るために要求の前進を掲げ、筋を通してがんばります。

朝8:30からは市役所北側の大供交差点で恒例の開会日宣伝を行いますので、見かけた際にはぜひ手を振って下さいね。

 

 

 

 

 

議決に従い辞職すべき 共産党市議団が議長に申し入れ

17年05月19日

 

日本共産党岡山市議団の河田正一、竹永光恵、林潤、田中のぞみ、東毅の各議員は19日午後3時25分頃、宮武博議長に対し、正常な議会運営を取り戻すために速やかに議長辞職願を出すよう申し入れました。

 

岡山市議会では、正副議長について2年で改選することを申し合わせていますが、今回、議長職について2年たった宮武博氏が辞職を拒み、17日から開いている5月臨時市議会は混乱が続いています。

18日深夜の本会議では、議長不信任決議が可決されています。議会の議決を尊重しない議長が職に留まることは、公平公正な議事運営を困難にし、市民からの信頼も失うことになってしまいます。

党市議団は、引き続き市議会の正常化に向けて努力を強めていきます。

 

 

(申し入れ文)

宮武博議長においては、平成29年5月18日の岡山市議会5月臨時会において議長不信任決議が賛成多数で可決されたにも関わらず、辞職願を提出することもなく、依然として議長職に留まっているという異常事態が続いています。

議長自らが議会の議決を無視することは、岡山市議会の権威を失墜させると共に、岡山市議会の他の全ての議決、予算や条例などの議決の価値をおとしめます。議会制民主主義のあり方を否定することに繋がり、市民の信頼を損ないます。

議会の議決を尊重しない議長のもとでは、岡山市議会の正常な議会運営は到底、困難です。

よって速やかに辞職願を提出するよう申し入れいたします。

 

 

 

 

議長不信任を可決 岡山市議会で47年ぶり 

17年05月19日

岡山市議会は18日午後11時過ぎに再開し、日本共産党岡山市議団が提出した宮武博議長の不信任決議案を賛成30、反対11、無効2の賛成多数で可決しました。

宮武氏が、「正副議長は2年で改選する」という自身も合意した申し合わせを破って議長職に留まろうとしていることから、市議会での信頼関係を損ない、公平公正な議事運営が期待できないためです。

 

岡山市議会で議長に対する不信任決議が可決されたのは1970(昭和45)年以来のことで、極めて異例の事態です。

不信任決議には法的拘束力はありませんが、議会を市民のための市政を議論できる状態に戻すため、宮武氏は速やかに退くべきです。

出身母体の自民党市議団は、市議会46議席(欠員1)のうち23議席を持っているにもかかわらず、まる2日かけても調整することができませんでした。

 

 

日本共産党岡山市議団が提出し、可決された不信任決議は以下の通りです。

 

岡山市議会は、議長・副議長をはじめとする議会役職人事については任期2年とすることを従来から申し合わせております。

通常、議長から辞職願が提出され、本会議で選挙により新たな議長が選出されることは議員各位におかれては周知のとおりです。しかし今回、宮武博議長は辞職願を提出しない旨を表明されました。

このまま選挙が行われないことは、岡山市議会における信頼関係を損ない、今後の議事運営にも大きな支障をきたすことになります。自ら合意した申し合わせ事項を踏みにじるような議長の下では、公平公正な議事運営は期待できません。

申し合わせ事項を順守し、今議会で議長選挙を行うべきです。岡山市議会議長宮武博氏を信任することはできません。

 

 

副議長を先に選出 議長職は混迷続く 申し合わせの順守は議会信頼関係の基本です

17年05月18日

岡山市議会は18日、前日に続き、5月臨時市議会を開きました。

宮武議長が2年改選の申し入れを守らずに議長職にとどまることに固執しており、出身の自民党市議団は、宮武氏を支持するグループと改選を求めるグループとに分かれて調整できていません。そのため、議会は、現在も休憩中のままです。午後4時過ぎに「延会」の手続を行ったので、今日の23時59分までは議会の日程となっています。

途中、副議長は2年務めた小林氏が辞職を申し出たため、先に選挙することになり、投票の結果、40票を得た公明党の田尻祐二議員が新たな副議長となりました。共産党からは、竹永光恵議員が立候補し5票を得ました。

 

現在、会派間で常任委員会や特別委員会の所属や正副委員長ポストについて調整しています。

 

 

 

 

5月臨時議会 初日は議長選出でストップ

17年05月17日

岡山市議会5月臨時会は17日、朝10時に開会して当局提案の議案を審議、可決して休憩に入りました。

岡山市議会では、正副議長や常任委員会の任期は2年と申し合わせており、通常であれば、今議会で議長と副議長が辞表を提出して選挙することになっています。

しかし今回、宮武博議長は辞表の提出を拒みました。そのため、本会議は、「延会」という今日の時間延長だけを決めて、いまも休憩が続いています。

 

日本共産党岡山市議団は、宮武氏が議長続投を望むのであれば、辞表を提出した上で改めて選挙に立候補すればよいと指摘しています。

宮武氏自らも合意した申し合わせを踏みにじることは、市議会の信義と公正を損ない、市民のための市政の議論も滞ることになります。

 

 

 

竹永みつえ、田中のぞみ議員など、市長に提言 性の多様性を尊重し、考え合える岡山市を

17年05月11日

 

岡山市議会の多様性のある社会実現調査特別委員会は11日、大森雅夫岡山市長に多様背のある社会実現に向けての提言を行いました。

竹永みつえ議員が委員長で、当事者や専門家などとの意見交換や視察などを繰り返し、性的少数者への正しい理解に向けた岡山市の取り組みの前進をめざしてきました。

その2年間の成果を提言にまとめ、市長に提出したものです。

大森市長は、この間の議会での議論などもあって認識を深めたのは事実だが、市民の間にはいろいろな考え方があるとの見方を示しました。その上で、啓発は大切なことと応じました。

団からは竹永議員のほか、田中のぞみ議員も参加しました。

 

(提言の柱)

・岡山市として、性の多様性を尊重し、つながり合う社会実現に向け、だれもが分かりやすい宣言をすること

・性の多様性について、いつでも、だれでも相談でき、一緒に考えていける仕組み・制度をつくること

 

 

 

こども園、医療費、有料ゴミ袋、、、たくさんのご意見ありがとうございました ~5/9市政報告会

17年05月9日

日本共産党岡山市議団は9日、中区平井の東山公民館で市政報告会を開き、32名の参加者と意見を交わしました。

おいでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

会の前半では、議員の側から市政や議会で決まったことや最新情報について、それぞれ担当分野を中心に報告しました。

後半では参加された方々からのご質問やご意見に、議員が答えました。

「医療費が高すぎる、子どもの無償化は考えていくべきだ」

「(待機児童解消に)もっと幼稚園を活用すべき」

「有料ゴミ袋の売り上げは何に使われているのか」

など、活発な質問や発言があいつぎ、市政のさまざまな分野への市民のみなさまの関心の高さを改めて感じることが出来ました。

 

市議団では報告会をあと1回予定しています。

●5月11日(木)13:30~15:00西大寺公民館

どこにお住まいの方でも参加できますので、ぜひお誘い合わせておいでください。

 

また、「うちの近くでもやってほしい」「○○について聞きたい」などのご要望にも出来る限りお応えするようにしています。

ご要望がある場合は、お気軽にご相談ください。

市議団事務局(電話086-803-1707、メールkyousantou_shigidan@city.okayama.jp)

 

会場いっぱいの参加者で熱心な質疑 ~福浜公民館で市政報告会

17年04月24日

日本共産党岡山市議団は23日、南区の福浜公民館で市政報告会を開き、市政の動きをご報告しました。会場いっぱいの35人の参加者は、次々と質問や意見を発言しました。

おいでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

質疑では、産廃問題で、市の不公正なやり方に批判の声が上がりました。

また、ゴミ問題では、有料ゴミ袋が他都市に比べて高いとか、岡山市は製造コスト3億円台に対して販売収入が9億円前後あるのだから、少なくとももっと安くすべきだとか、ゴミ減量化・資源化の取り組みを本気で行うべきだなどの意見が出されました。

保育や教育、地域の課題も参加者と市議団で熱心に話し合いました。

 

市議団では、このあと2回、市政報告会を予定しています。

どなたでも、どこの回にでも自由にご参加いただけます。

●5月9日(火)13:30~東山公民館(中区平井)

●5月11日(木)13:30~西大寺公民館(東区向州)

お待ちしています。

 

 

« Prev - Next »