日本共産党 岡山市議団

'団日誌' カテゴリ

2017年度政務活動費の収支報告書を提出しました

18年04月26日

 

本日、2017(平成29)年度の政務活動費について、収支報告書と領収証などの写しを市議会事務局に提出しました。

政務活動費は、議員が政策の調査研究や市民への広報・広聴などの活動を行ったときに、その経費に充てることができる公費です。

額は自治体ごとに異なっており、岡山市議会の場合、議員1人当たり月額13万5千円を上限に、議員の属する会派に対して交付されます。

日本共産党岡山市議団は議員が5名なので、13.5×5×12=810万円が年間の交付額の上限です。

 

市議団は、2017年度には以下の支出で810万円を使いました。

調査研究費・・250,000円(ガソリン代など)

研修費・・9,960円(研修参加費など)

広報費・・2,135,522円(広報紙作成・配布や市政報告会経費など)

広聴費・・12,136円(広聴会案内費用)

資料作成費・・887,485円(コピー機経費や用紙代など)

資料購入費・・420,228円(新聞・書籍などの購入費)

人件費・・4,000,638円(政務活動員1名の人件費)

事務所費・・384,031円(議員事務所賃料の一部や控室FAX使用料など)

 

収支報告書は、岡山市議会ホームページで公開されます。

また、日本共産党岡山市議団は、領収書類などの原本を控室で閲覧していただくことができるよう準備しています。ご希望の方はお問い合わせください。

 

新たなごみ焼却施設の建設候補地を3か所に絞り込み 6~7月ごろには1か所へ

18年04月18日

岡山市ではいま、玉野市・久米南町と共同で、新しいごみ焼却施設の計画を進めています。

岡山市の焼却ごみの一部と玉野市・久米南町の焼却ごみの全部を処理する施設の建設計画で、2025年ごろの稼働開始を目指して、現在は建設候補地を選定中です。

昨日(4/17)、候補地について三次選定選考の結果報告と三次選定の基準や評価内容などを審議する環境政策審議会が開かれました。

環境政策審議会資料180417

二次選定では、16候補地から岡山市内の2か所と玉野市内の1か所の計3か所に候補が絞られました。

岡山市内の2か所はそれぞれ、土地が平面で利用しやすい、液状化の危険度が高い、周囲の人口が多く余熱の利用人口も多いなどの特徴があります。

玉野市の1か所は、周囲に民家が少ない、土砂災害警戒区域に指定されており対策費用がかかる、地震の影響は震度5弱~5強と他の候補地に比べ低いなどの特徴があります。

三次選定は、この二次選定の内容を、可能な対策を講じることを含めて再評価した点数と、周囲の自然や生活の環境への対策など合わせた経費や、2市1町からその場所にごみを運搬するのに掛かる経費を点数化したものとを合わせて、候補地を1か所に絞り込むことになっています。今年6~7月ごろには候補地を決定する計画です。

ごみ処理広域化基本計画では、建設費用を約91億円と見積もっており、これに対策費用が加わった全体額を国の補助と2市1町の負担で整備するとされています。

岡山ブロックごみ処理広域化基本計画(岡山市ホームページ)

 

審議会の委員からは、経済コストが強調され過ぎると生活環境や自然環境への配慮が不十分になってしまうのではないかとか、南海巨大地震への備えが重要であるとかいった意見が出されていました。

 

日本共産党岡山市議団は、ごみ処理はそれぞれの自治体で行うのが基本であること、現在の計画ではごみ減量が不十分なこと、巨額の財政負担が生じかねないこと、周辺住民の生活に大きな影響を及ぼしうることなど、さまざまな懸念や疑問点があることを指摘しています。そして、議論の経過や計画の根拠となるデータを市民や議会に明らかにして、市民的議論を尽くすよう求めています。

また、全市民的にごみ減量に取り組んで焼却場そのものの数を減らした横浜市や、住民主体で分別の徹底と資源化を進め、ごみ減量日本一の志布志市などを視察したり、プラスチックごみの再エネルギー化などの最新技術について情報収集したりして、岡山市のごみ減量に向けた施策を提案しています。

 

市議団は、次の議会でもこの問題を取り上げ、なんでも燃やせばいいといわんばかりの「サーマルリサイクル」政策から、市民の理解と協力を得ながら、事業所を含めてごみ減量にしっかり取り組んでいける、「環境先進都市」をめざしていきます。

市民の皆さんもぜひご意見をお寄せください。

団会議で代表質問を詳細に分析 次につなげるために

18年04月11日

 

今日の午後は、2月議会の反省会を行いました。

2月議会は新年度予算や条例・計画の制改定など、重要な議題がたくさんあり、会派代表質問もある議会なので、質問の準備もずいぶん時間をかけてやりました。

市政の政策上の前進面や課題などの確認とともに、質問のテクニックや論戦力などについても議論しました。

6月議会に向けてもたくさんの調査事項が見えてきています。

(写真は過去の会議のもので、イメージです)

 

2018年2月定例議会の動画

18年03月30日

2018年2月定例岡山市議会での質問の様子をご覧いただける動画はこちらです。

 

◆代表質問(東つよし)

東つよし代表質問(2018.2.28)①最初の質問(約50分)

東つよし代表質問(2018.2.28)②最初の答弁(約1時間22分)

東つよし代表質問(2018.2.28)③再質問以降(約23分)

 

◆個人質問

河田正一個人質問(2018.3.2)(約48分)

田中のぞみ個人質問(2018.3.6)(約48分)

林じゅん個人質問(2018.3.6)(約43分)

竹永みつえ個人質問(2018.3.7)(約37分)

 

 

市内の洪水対策大丈夫? 市議団主催で学習会

18年03月26日

 

旭川の洪水対策として、百閒川の改修工事が進められており、現在は旭川との分岐点のところを改修しています。

この中で、岡山市内の洪水対策はどうなっているのか、自分の住んでいる地域は大丈夫だろうかなど、市民の方から疑問や不安が市議団に寄せられています。そういった声に応えようと「百間川改修と岡山市内の防災」というテーマで25日に学習会を開きました。

学習会では、国と県の担当者の方から説明を聞きました。ダムとの関係や、大雨や洪水の時に流れる水の量の確認など、参加者の皆さんと意見交換をしたり、ダムは発電ありきになっていないか?想定外の洪水の時は本当に大丈夫なのか?などの質問が出たりしました。

 

「浅田訴訟」岡山市は控訴するなと申し入れ

18年03月26日

 

日本共産党岡山市議団の竹永みつえ、田中のぞみ、東つよし各市議は26日、「浅田訴訟」で岡山市が控訴しないよう求める要請書を、森安浩一郎市保健福祉局長に手渡しました。

重度障害者の浅田達雄さんが65歳の誕生日を迎える際、介護保険を申請しなかったことを理由に、それまで受けていた障害福祉サービスをすべて打ち切られたことに対して岡山市を訴えていた裁判で3月14日、浅田さん全面勝利の地裁判決が出ています。

岡山市長や市議会の議長・各会派には、全国から「控訴するな」の要請が手紙やFAXなどで届いています。この間、浅田さんを支援してきた市議団も28日の控訴期限を前に、市に対して強く申し入れたものです。

 

(16:10加筆)午後には、市長あての要請を市長公室長に手渡しました。(写真下)

 

 

2018年3月26日

岡山市長
大森 雅夫 様

日本共産党岡山市議団

 団長 竹永 光恵

 

「浅田訴訟」の控訴を断念することを求める要請

 

日頃より岡山市民の福祉の増進にご奮闘されていることに敬意を表します。
岡山市中区在住の重度障害者浅田達雄さんが岡山市を相手に争っていた裁判(障害者自立支援法処分取消等請求事件)で岡山地裁は3月14日、浅田さんの訴えを全面的に認める判決を出しました。①岡山市の処分を取消し、②障害福祉サービスの支給を義務付け、③慰謝料等の支払いを命じるというものです。
厚生労働省の2014年の調査では、全ての政令市・中核市を含む全国258市区町村のうち、岡山市が浅田さんに行ったような障害福祉サービスの申請を却下する取扱いをしていたのはわずか6市区町村でした。
厚生労働省はいわゆる介護保険優先原則について各自治体に対し、障害者の個々の実態に即した適切・柔軟な運用をするよう求める通達を出していました。岡山市でも現在はそのように運用されており、判決でもそのことが指摘されています。岡山市が控訴して争うべき事情は存在しません。
浅田さんの苦しみをこれ以上長引かせるべきではありません。
今回の判決を厳粛に受け止め、岡山市として控訴しないことを強く求めます。

以上

 

市政ニュース作成開始 通常の2倍・8ページ建てで計画中

18年03月20日

市議団では昨日と今日、各自の予定の合間を縫って集まり、来月発行予定の市政ニュースの企画や原稿原案を検討する会議を開きました。

2月議会は大森市長2期目最初の本予算を審議した議会でもあり、市政の最新の動向を幅広く市民の皆さんにお知らせするため、市政ニュースは普段の2倍の8ページ建てを計画しています。

発行は4月22日付を予定しており、鋭意製作中です。もうしばらくお待ちください。

 

(17:50現在)議運委開催中、終了のめど見えず

18年03月16日

17:50現在、議会運営委員会(議運委)が開かれています。

予算などの議決は午前中で完了し、昼からは自民党市議が提出した宮武氏への議長不信任決議案をめぐって、本会議や議運委が断続的に開かれています。

16時過ぎに本会議を最大今日の24時まで延長する「延会」の手続きが取られた後、16:50に議運委が始まりました。

自民党議員から出された宮武氏の議長不信任決議案をめぐって議論が続いている模様です。

議運委には団から林じゅん議員が委員として参加しているほか、他の議員も傍聴に行っています。

 

 

Next »