日本共産党 岡山市議団

'政令市' カテゴリ

【資料】討論原稿(陳情採択) 2017年8月議会 竹永光恵(2017.09.15)

17年09月15日

 

【討論原稿】竹永光恵(2017.08議会 170915)

 

陳情第18号 市有地を活用した保育施設については、認可保育園としての整備を基本とするよう求めることについて

私は日本共産党岡山市議団を代表して、「陳情第18号 市有地を活用した保育施設については認可保育園としての整備を基本とするよう求めることについて」の委員長報告に反対の立場で討論します。

この陳情は保育団体が、岡山市の住宅基本計画によって進められている北長瀬みずほ住座の公募型プロポーザルの中に340人以上の認可外保育園の設置が入っていることについて、岡山市の子ども・子育て支援事業計画との整合性がとれていないこと、公有地には認可保育園を基本に待機児童対策を行ってほしいという内容で出したものです。

全国で2番目に待機児童が多いという岡山市にとって、待機児童対策は最重要課題です。そしてその最重要課題をすすめる最高責任者は市長です。市長のもとで、子ども子育て支援事業計画が策定され、H31年度までに3,400人の受け皿を増やし待機児童ゼロを目指すとの方向で進めてきていました。
重ねて申し上げますが、これは市長をトップとした市の重要政策だったわけです。しかしこれをないがしろにして提案されたのが、今回の北長瀬みずほ住座再生事業内の340人規模の認可外保育園です。
建設委員会の審議の中で、副市長、都市整備局長からそろって、両局の十分な連携ができていなかったことを反省しお詫びをするとの謝罪があり、岡山っ子育成局統括審議監からも主体的にかかわるべきだったとの反省の弁があったとのことですが、反省・謝罪だけではすまない、岡山市の政策推進においての責任能力も問われる大問題だと思います。

まず、議会との関係です。北長瀬みずほ住座の公募プロポーザルに関して、当時の建設委員会には併設施設として高齢者支援施設か子育て支援施設との大枠な説明のみだったわけです。いつ、子育て支援施設、保育園に絞られたのか?認可外を条件としたのか?どの段階でどうなったのかは全く報告がなく、公募募集がHPにUPされているから勝手にチェックしろというふうに聞こえました。委員会に相談しながらすすめていれば、全市的な視点に立って指摘でき、ここまでにはならなかったのではないかと思います。

そして、子育て支援施設の相談があったときに、岡山っ子育成局のほうはH31年度までの計画以降の問題だということで丁寧な議論をしていなかったことも明らかになりました。この地域は、子育て支援事業計画の中でも提供区域と位置付けられており、今年度も認可保育園を公募している地域でもあります。その中で今回と同じ法人が、120人定員の認可保育園で手をあげていると聞いています。少なくともこの動きを育成局として把握しておりながら、今回の提案に何の議論もしていないということに驚きました。また支援計画でのこの地域の位置づけも都市整備局に伝えてもいないというのであれば、岡山っ子育成局として、政策を推進する責任をもった姿勢が全く感じられません。

加えて、北長瀬みずほ住座再生事業総合評価一般競争入札参加資格審査委員会のメンバーには両副市長、都市整備局、保健福祉局、岡山っ子育成局など関係局長が参加していたにもかかわらず、支援事業計画との関連性は全く議論されていません。少なくとも待機児童対策が市の重要政策であり、庁内あげて推進する立場にたっていれば、これだけの幹部がそろっているのですから、支援事業計画との関連を議論することは必然性があることと気づくはずです。これは市長の政策推進にたいする指導責任が大きく問われる大問題だと私は思います。
市をあげて待機児童対策を推進しなければならないときに、そのおおもととなる子育て支援事業計画が局長クラスにさえ浸透していないなど縦割りの弊害です。

また支援事業計画を実施するにあたり、みずほ住座再生事業計画の中に子育て支援施設をつくるというなら、保育園部分を切り分けて公募、より早く認可保育園を設置できる方法はなかったのか?など計画をいち早く実現するという立場での考えに基づきあらゆる方法を提案することが、岡山っ子育成局には求められたのではないでしょうか?市長の指導責任も求められます。

また、審査委員会では、今回提案のあった認可外保育園は、保育士の体制や面積などは認可保育園と同じようにするとの提案が事業者からあり、質の良い保育ができると岡山っ子育成局は認識したとのことですが、その裏付けとなる資料はまったくありませんでした。現実的に、同じようなということで提案しているのであれば、認可保育園への移行を支援する立場を岡山っ子育成局としてとるべきです。

現在の340人以上の認可外保育園の提案のままでは、乳幼児を抱える施設としては適正規模を大きく超えているとしか言えません、命をあずかり育む現場としては度を超えています。いまいくら認可保育園と同様の体制と面積をと主張していても、実際に保育士が集まらなかったら認可外保育園としては無資格者でもいいわけです。質のいい保育や保護者が願う安全な保育施設ができる保証は何もありません。
今からでも保育施設の部分だけでも切り離し再考すべきです。

そのことが、今後の保育支援事業計画の目標達成をするために官民共同の推進力になると指摘しこの陳情を採択すべきと申し上げ討論を終わります。

以上議員各位のご賛同を賜りますようお願いします。

 

 

 

13:05現在 休けい中のまま 再開未定 「いいかげんにしろ!」

17年09月15日

13:05現在、岡山市議会は「休憩中」のままです。

自民党市議団が、内部での意見調整に手間取っているためと思われます。

 

自民党は、議事が再開したら、この間、市政運営や市民生活に重大な影響がなかったからだとして、宮武博氏を議長として信任する決議案を出そうとしていますが、朝の開議が遅れ、いまもまだ休憩から再開の見通しも立っていません。

内部の問題を議場に持ち込んだうえ、議会日程も混乱させている、責任はひとえに自由民主党岡山市議団と議長席にとどまっている宮武博氏にあります。

 

午前中、開議を待って傍聴席にいた市民からは、「いいかげんにしろ!」とのつぶやきが漏れていました。

 

 

 

 

12:00現在 「しばらく休憩」 再開は不明

17年09月15日

岡山市議会8月定例会の最終日、本会議は予定より45分遅れの10:45に始まりました。

議案と陳情の採決、決議案の採択などが行われたところで12:00ごろ休憩に入りました。このあと、自民党が提出した「議長信任」の決議案に関するやり取りなどが残っていますが、いつ議事が再開されるかは不明です。

 

午前中の採決結果

【議案】

甲136号 補正予算(可決)・・共産(全5人)、市民ネット(全3人)が反対

甲165号 工事請負契約(可決)・・市民ネットのうち2人が反対

甲167号 事業契約の締結(同意)・・共産(全5人)、市民ネット(全3人)、自民のうち5人が反対、自民のうち1人が退席

 

【陳情】

陳情14号 市民のための芸術センター、美術館の設置(不採択)・・市民ネット(全3人)が採択

陳情18号 市有地を活用した保育施設については、認可保育園としての整備を基本とするよう求める(不採択)・・共産(全5人)、市民ネット(全3人)が採択

 

※陳情17号 北長瀬みずほ住座再生事業における保育所の建設については、議案の甲167号が同意されたことにより、「みなし不採択」と宣告され、採決は行われませんでした。

 

10:15現在 議会はいまだ始まらず

17年09月15日

2017年8月定例岡山市議会は、今日9月15日に本会議を開き、すべての議案と陳情を採決して閉会する予定です。

開会は10時の予定だったのですが、10時20分現在、まだ始まっていません。

開始予定の10時を過ぎても会議をやっている会派があり、本会議が開けない状況です。

 

共産党市議団の5人は、準備万端で、今や遅しと開会を待ち構えているのですが・・・

 

 

 

台風18号対策 土のう作成用の土と袋を配布 9/16(土)9:30~ 市内4か所で

17年09月14日

岡山市は台風18号への備えとして、土のう用の袋と土の配布を行います。

天気が崩れる前に早めの備えをしておきましょう。

 

◆9/16(土)9:30~17:00(なくなり次第終了)

◆市内4か所(どこに行ってもOK)

①北区野田4丁目(岡山ドーム東側の駐車場)
②中区桑野(消防教育訓練センター)
③東区西大寺新地(吉井川浄化センター)
④南区浦安南町(浦安総合公園北側のグラウンド)

◆土のうに土を詰めるためのスコップは現地にあります。職員が居てやり方を教えてくれます。

◆4か所それぞれで、約2000袋分を準備(なくなり次第終了)

岡山市の防災情報はこちらから(市HP)

【岡山市の意見募集】 パブコメ2件=市民病院の次期目標、スポーツ振興計画

17年09月14日

岡山市では現在、重要な政策や計画などを決める際の市民意見募集(パブリックコメント)を2件募集しています。

それぞれ内容をご覧いただき、積極的にご意見をお寄せください。

 

◆地方独立行政法人岡山市立総合医療センター(=市民病院)第2期中期目標(素案)

1.募集期間・・2017年9月12日(火)~10月11日(水)

2.策定の背景・・2014(H26)年4月に、市民病院とせのお病院は「独立行政法人岡山市立総合医療センター」(独法化)となりました。その後、市民病院は2015(H27)年5月に北長瀬に移転し、新市民病院として開院して2年余りが経過しました。独法化の時に立てた4年間の中期目標が今年度末で期間を終えることから、次の4年間(2018~2021年度)の目標を立てようとするものです。

3.資料を見ることができる場所・・医療政策推進課(保健福祉会館8階)、情報公開室(市役所本庁舎2階)、各区役所・支所、地域センター

こちらから閲覧、ダウンロードすることもできます↓

地方独立行政法人岡山市立総合医療センター第2期中期目標(素案)への意見募集(市HP)

 

 

 

◆岡山市スポーツ推進計画(改訂版)(素案)

1.募集期間・・2017年9月14日(木)~10月13日(金) (17:15必着)

2.改訂の背景・・2012(平成24)年策定の現在の計画は、子どもから高齢者まで市民一人ひとりが、生涯にわたってスポーツに親しむことができる環境の実現をめざしてつくられたものです。策定から5年が経ち、今年は中間見直しの年です。この間に、2020年の東京五輪・パラ五輪や、2015年に始まった岡山マラソンなど、市民のスポーツを取り巻く環境の変化があることなどから、今後の市のスポーツ施策の方向性を示すものとして改訂することにしたものです。改訂版は、現計画の残り期間である2018~2021年度の4年間の計画となります。

3.資料を見ることができる場所、提出先など・・スポーツ振興課(市役所本庁舎7階)、情報公開室(市役所本庁舎2階)、各区役所・支所、地域センター、各公民館

こちらから閲覧、ダウンロードすることもできます↓

岡山市スポーツ振興計画(改訂版)(素案)への意見募集(市HP)

 

 

(速報) 北長瀬みずほ用地「認可外保育施設」建設委で可決 陳情はみなし不採択

17年09月13日

岡山市議会の建設委員会は、13日午前、前日に続いて会議を開き、持ち越しとなっていた、北長瀬みずほ住座用地の活用として、市有地を貸し出して300人以上規模の認可外保育施設を整備するなどとする議案を、賛成多数で可決しました。

共産党市議団の東つよし議員と、自民党市議団のうち藤原哲之議員が反対しました。

議案が可決されたことで、岡山市内の私立認可保育園の園長などで構成する私立園長会が、計画の白紙撤回を求めた陳情は、みなし不採択とされました。

 

この計画は、老朽化した市営住宅の建て替えに際し、保育施設を併設するというもので、併設保育施設は最大342人定員の認可外の保育施設です。

市有地に認可外施設、しかも300人以上規模という、何重にも保育の質が懸念される計画で、岡山市の保育・子育て行政で、いままでに例のない暴挙です。

日本共産党岡山市議団は、この暴挙に厳しく抗議し、議案の白紙撤回と、認可保育園の増設・拡充による待機児童解消を強く求めていきます。

 

 

 

 

(速報) 9/12常任委員会の審議結果など(建設委以外)

17年09月12日

岡山市議会は、9/12に6つの常任委員会を開き、今議会に付託されている議案や陳情を審査しました。

審査の結果のうち、主なものについて速報します。詳しい内容は、またお知らせします。

建設委員会は、まだ審議が終わっていないので、終わり次第、別途お知らせします。

 

◆総務委員会

①補正予算・・賛成多数で可決(補正予算のうち、新斎場関連予算に共産・市民ネットが反対)

②高島小学校園舎増築工事の契約・・賛成多数で可決(市民ネットが反対)

など

 

◆保健福祉委員会

①補正予算・・全会一致で可決

②陳情「軽度・中等度難聴児に対する補聴器購入費用助成の基準変更について」・・継続審査(共産は採択を主張したが、他が反対)

③陳情「市有地を活用した保育施設については、認可保育園としての整備を基本とするよう求めることについて」・・不採択(共産・市民ネットは採択を主張したが、自民・公明・創政が反対)

④陳情「心身障害者医療費公費負担制度の改善について」・・継続審査(共産は採択を主張したが、他が反対)

⑤陳情「受動喫煙の防止と啓発について」・・継続審査(共産は採択を主張したが、他が反対)

など

 

◆環境消防水道委員会

①報告「水道メーター検針員の不適切行為について」

②報告「岡山市環境影響評価条例(素案)について」

など

 

◆経済委員会

①補正予算・・全会一致で可決

②陳情「池田動物園の公営化について」・・全会一致で継続審査

など

 

◆市民文教委員会

①補正予算・・賛成多数で可決(新斎場関連の部分に共産・市民ネットが反対したが、自民・公明・創政が賛成)

②陳情「教育の一層の充実を図るための2018年度政府予算に関する意見書の提出について」・・全会一致で採択

など

 

« Prev - Next »