日本共産党 岡山市議団

'政令市' カテゴリ

福岡県朝倉市へ支援に出発 のべ36人がゴミ収集などに尽力へ

17年08月2日

 

岡山市は、先日の九州北部豪雨で大きな被害を受けている現地からの要請を受けて、災害ゴミの収集を支援するために、ゴミ収集のチームを派遣することを決めました。

8月2日朝8:45分から岡山市役所本庁舎前で出発式を行い、第一次派遣隊の9人がゴミ収集・運搬車など4台に分乗して直ちに出発しました。

出発式では、環境事業課の和泉省三さんが派遣隊を代表して決意を述べました。

派遣隊は今日から8月24日まで全4次・計36人が、福岡県朝倉市で災害ゴミの収集や運搬を通して復旧を支援します。

 

報道などでも伝えられている通り、今回の九州北部豪雨災害では、大量の木石が各所にたまっており、家屋など建物の被害も広範囲で深刻です。災害ゴミを片付けていくことは、復旧の大きな支えとなるはずです。隊員の皆さん方には体調に十分気を付けていただき、元気に活躍してきていただきたいと思います。

 

 

 

【岡山市お役立ち情報】 「くらしの便利帳2017」完成

17年07月27日

岡山市が業者と提携して2年に1回作成し、全市民に配布している「くらしの便利帳」の2017年版が完成しました。

「くらしの便利帳」は、岡山市での〝ゆりかごから墓場まで〟各分野の制度や手続き、問い合わせの連絡先などが1冊にまとまっている本です。

また、災害への備えや、地元の名所・名物なども紹介されています。

 

まもなく全ご家庭に戸配される見込みです。届いたら、手に取ってみてください。

 

≪主な目次≫

●災害に備えて

●岡山市ガイド

●4つの行政区

●困ったときに(相談窓口など)

●健康と医療

●届出と証明

●ごみの収集など

●子育て

●保険・年金

●高齢者福祉

●障害福祉

●市税

●くらしと住まい

●仕事・企業

●市政参加・社会参加

●学びと楽しみ

●ダイヤルガイド(市の各部署や医療機関など)

●生活ガイド

 

 

 

70歳以上の医療・介護の負担増 8月から高額療養の上限が引き上げられます

17年07月26日

(市民のひろばおかやま2017年8月号24ページから)

 

70歳以上の方の医療費や介護保険利用料の負担月額上限が、8月から一部引き上げられます。

国の制度改悪によるもので、

負担増など、お困りのことがありましたら、日本共産党岡山市議団(電話086-803-1707)にご相談ください。

 

(例)

●年収370万円以上の方・・・高額療養費のうち外来(個人)が44,400円→57,600円

●年収370万円未満の方・・・高額療養費のうち外来(個人)が12,000円→14,000円、外来+入院(世帯)が44,400円→57,600円

詳しくは、各区役所の市民保険年金課、各支所の総務民生課、各地域センターにお問い合わせください。

 

 

 

 

建設委と市民文教委が行政視察へ 21日まで

17年07月19日

岡山市議会の常任委員会のうち、建設委と市民文教委は今日から21日までの2泊3日の日程で、行政視察に行きます。

委員会の所管分野で先進的な取り組みなどをしている自治体を視察し、岡山市政に生かそうとするものです。

岡山市議会 委員会の構成

団からは、建設委に東つよし、市民文教委に竹永みつえ議員が参加しています。視察の様子や学んできたことなどは、それぞれのブログやSNSなどでも発信していきますので、ぜひご覧ください。

 

残りの4常任委員会は、別の時期に視察に行くことになっています。

 

◆建設委員会

7/19(水)

①山口市「地域住民主体で運行しているコミュニティタクシーについて」

7/20(木)

②鹿児島市「中心市街地活性化基本計画について」

7/21(金)

③長崎市「下水道施設の地震対策(地震時のネットワーク化)について」「公共下水道事業(長崎駅周辺の雨水対策)について」

 

◆市民文教委員会

7/19(水)

①三鷹市「市民協働センターの施設運営等について」

7/20(木)

②柏市「ICT教育について」

7/21(金)

③静岡市「静岡県舞台芸術劇場、舞台芸術公園について」

 

 

 

【岡山市意見募集】 「自殺対策計画」パブコメ ~8/31

17年07月18日

岡山市は、すべての市民がかけがえのない個人として尊重され、誰もが自殺に追い込まれることのない社会の実現に向けて、市を挙げて自殺対策を推進していくために、あらたに「岡山市自殺対策計画」をつくることにしました。

その素案がまとまったので、市民の意見を広く募集しています。ぜひ積極的にご意見をお寄せください。

●募集期間 2017年7月18日(火)~8月31日(木)必着

●素案の入手法 保健管理課(保健福祉会館7階)、情報公開室(本庁舎2階)、各区役所、支所、地域センターで配布しています

また、市ホームページの下記の場所からもダウンロードできます

岡山市自殺対策計画(素案)への意見募集

●問い合わせ先 岡山市保健管理課(電話086-803-1251)

 

保育、学童保育の計画改定 意見募集14日まで

17年07月13日

6月16日の本ブログでもお知らせしていましたが、いま岡山市では、2019(H31)年度までの保育や学童保育のニーズ量の見込みとそれに対する施設整備の目標数などを定めた計画の改定作業を進めており、計画素案に対する意見を募集しています。(パブリックコメント)

岡山市の待機児童数は2年連続で全国ワースト2位です。また、この春には保育園を希望しても入れなかった子どもがおよそ1500人いました。この非常に深刻な事態をどうしていくのかは、岡山市政の最重要課題の1つです。

募集は明日7/14までとなっており、ぜひ1人でも多くの方々のご意見をお寄せいただきたいと思います。

保育の量見込み 見直しへ 7/14まで市民の意見募集

「岡山市子ども・子育て支援事業計画」一部改訂素案 パブリックコメント

岡山市の公立幼稚園・保育園122園を30園に あとは廃止・民営化!?

17年07月11日

 

 岡山市は、公立幼稚園と公立保育園について、120以上あった園を公立としては30園だけにし、残りは廃止・民営化する計画を進めています。(市内を30の区域に分けて、それぞれの区域で幼保連携型認定こども園として1園を残し、他は廃止・民営化するというもの)

 「民でできることは民で」「限られた人員と財源を有効活用」「30の公立はこども園にして残す」など、その理由を説明しています。

 けれども、岡山市の待機児童数は2016、2017年度と連続で全国ワースト2位。今年の春は、保育園に入りたくても入れない子どもが約1,500人に達しています。市長も局長も各議員も「待機児童対策は最優先課題」と異口同音に言っているのですから、岡山市が現に持っている財産=公立幼稚園や公立保育園をそのために有効活用するのが、まず道理ではないでしょうか。

 保育士を増やしたり、必要な工事(耐震化や調理設備など)などを行ったりすることは、それなりの財源は当然必要ですが、市の施設なのですから、ただちに打てる手です。

 それをしないどころか90園以上を廃止・民営化する方針に固執する。これのどこが「待機児童対策は最優先課題」なのか。

 また、公立施設は市民の財産であり、地域の核となる施設です。地域の公立幼稚園や保育園を十分に活用することは、地域の活性化にもつながります。こういった性質は、民間事業者が類似の保育サービスをすれば代替できるというものではありません。

 

 待機児童の問題で、保護者の共通する願いは、「安心して預けられるところを増やしてほしい」です。どんな保育施設でも構わないわけではありません。岡山市が保育の質にきちんと責任を持つことのできる公立園が、いまそれぞれの地域にあるのですから、これをしっかり活用するという、本当に「最優先課題」にふさわしい取り組みにしていくことが必要不可欠です。

 皆さんがお住いの学区では、公立園がいくつありますか?それらは、認定こども園として存続なのか、廃止・民営化対象なのか、ご存知ですか?また、いま、どんな動きが進んでいますか?岡山市は、この計画を2020年3月(2019年度末)までにやろうとしていますが、とんでもないことです。 ぜひ、地域でも、「市として保育に責任を持て」「公立園をなくすな」の声を上げていきましょう。

 今秋には市長選挙と中区市議補選という、市民が政策を選び願いを託すことのできる機会があります。市議団にも皆さんの声や情報をお寄せください。

    岡山市の就学前教育・保育の在り方(2012年(H24)12月策定)

施設配置の最適化における公立施設の整備等の進め方について(2016年(H28)3月策定)

【おすすめイベント】 犯罪被害者支援を考える市民のつどい 7/9

17年07月6日

○ 被害者とその支援 交通事故被害のない社会を目指して ○

◆日時◆ 2017年7月9日(日)午後1時30分~4時まで

◆場所◆ 岡山市勤労者福祉センター4階(岡山市北区春日町5-6)

◆主な内容◆ 飲酒運転事故被害者遺族の山本美也子さんのお話とシンガーソングライター武川浩昭さんのミニコンサート。

◆費用◆ 無料

◆主催・問合◆ 公益社団法人 被害者サポートセンターおかやまVSCO(電話086-223-5564)

 

« Prev - Next »