日本共産党 岡山市議団

'政令市' カテゴリ

「路面電車乗り入れ」で駅前広場のデザイン案に意見募集

18年10月9日

大森雅夫岡山市長は9日の記者会見で、路面電車の岡山駅前乗り入れについて、駅前広場のデザイン案に市民意見を募ることや、今後のスケジュールなどを発表しました。

デザイン案は、6社のデザイナーからの案を示し、市民意見公募や有識者検討などを経て、11月中旬ごろにはデザイナーを選定する方針を示しました。

また、2023年度には乗り入れを開始するなどとするスケジュールを、市として初めて示しました。

今日からのパブリックコメントや今月末の「市民のご意見を伺う会」の後、11月上旬に有識者での検討と庁内選考を行って、11月中旬にはデザイナーを決定する方針です。

 

●パブリックコメント(意見公募)●

◆期間 2018年10月9日(火)~11月2日(金)

◆資料を閲覧できるところ 交通政策課(市役所本庁舎6階)、情報公開室(市役所本庁舎2階)、各区役所(総務・地域振興課)、各支所(総務民生課)、各地域センター、天満屋地下街市民サービスコーナー

下のリンク先からも見ることができます

路面電車の岡山駅前広場への乗り入れに伴う駅前広場デザインに対するパブリックコメント(ご意見募集)について

 

●「市民のご意見を伺う会」●

◆日時 ①10/25(木)14:00~15:00、②10/26(金)10:00~11:00

◆場所 岡山市役所1階多目的ルーム

会のチラシはこちらから見ることができます

市民のご意見を伺う会

 

今日の市長の発表には、いくつもの疑問点があります。

①スケジュールが早すぎるのでは?

市は、このスケジュールを今日初めて示しました。

今日発表して、約1か月ちょっとしたらデザイナーを決定です。

市民から意見を募るパブリックコメントは、岡山市自身が「30日程度の期間を確保するよう努める」と要綱に期間を明示しているにも関わらず、今回は25日間しかありません。

なぜそんなに急いでいるのか?

 

②市民や議会への説明責任は?

市民のひろば10月号には間に合わず、11月号が出た時点ではパブリックコメントは終了直前です。

「ご意見を伺う会」は平日の日中に2回、それぞれ1時間の予定です。

これでは、市が決定する前に、スケジュールやデザインのことを知らないままの市民がたくさんいることになりかねません。

市議会での議論もできません。11月定例市議会は11/30に開会で、直前の常任委員会も11/28と、議会としては決定後に報告を聞くだけです。なぜ、11月議会での議論を待たないのか。

 

③これで決めていいの?

市は、駅前広場に路面電車を乗り入れると決定したとき、費用は9.8億円としていました。それが、今回の6つのデザイン案は、低いもので10~20億円、高いものでは100~150億円と、最大15倍。そんな話は誰も聞いていません。

「延伸や環状化など路面電車を総合的に議論すべきでは」「そもそも公共交通全体の計画を策定中なのに、なぜ駅前乗り入れだけ先行なの」など、市民の疑問に市はきちんと答えるべきです。

パブリックコメントや「伺う会」会でも、市民に問うのは駅前広場のデザイン案に対する意見だけ。こういった交通やまちづくり政策の全体について、市民を交えて議論する機会はありません。

 

日本共産党岡山市議団は、路面電車の活用拡大そのものには賛成です。けれども、今回の「路面電車の岡山駅前乗り入れ」には、地元に反対意見が根強いことや、費用対効果がきちんと示されていないことなど、検討の前提がそろっていないと考えています。そして、そもそも延伸・環状化や市内全体の公共交通をどうするか計画立てていく中で検討すべきであり、いま駅前乗り入れだけ突出して先行させるのはおかしいことだと考えています。

ぜひ、みなさんのご意見をお聞かせください。

 

 

【動画】 2018年9月議会 豪雨災害関連質疑(9/20)、最終日討論(9/27)

18年10月4日

 

2018年9月定例岡山市議会本会議の動画が、全日程公開されました。

 

20日の豪雨災害関連予算案に対する質疑を行った竹永光恵議員、27日の最終日に議案に対する反対討論を行った東毅議員それぞれの動画は、次のリンク先で見ることができます。

(パソコン、タブレット端末、スマートフォンで見ることができます)

豪雨災害対応補正予算への質疑(竹永光恵2018.9.20) 約47分

議案への反対討論(東毅2018.9.27) 約11分(開始36分ごろから)

 

 

 

林潤(2018.9.12) 約38分

豪雨災害で議会に調査特別委 初回は10/5

18年10月2日

岡山市議会は、西日本豪雨の時の市などの対応を検証したり、復旧・復興に向けた施策などを集中的に議論して、市に対して提言するために、各会派・各区の議員で構成する特別委員会を設けました。

その初会合が今週末にあります。

◆日時 2018年10月5日(金)13:00~

◆場所 市議会棟2階・建設委員会室

団からは、発災直後から現場で救援活動に取り組み、その後国などへも要望活動をしてきている竹永みつえ・河田正一の両議員が、参加します。

委員会の模様は、どなたでも傍聴できます。岡山市議会は、委員会についてはインターネット中継しておらず、議事録も公開していないため、委員会審議の様子を知ることができるのは、実際に傍聴した時だけです。ぜひ、おいでいただき、市議会の議論をご覧になってください。

委員会の案内(岡山市議会HP)

 

 

(おすすめイベント) 「鉄道の日」映画会 10/14

18年10月2日

 

 

岡山シティミュージアムが定期的に行っている「ミュージアム講座」の第76回は、「鉄道の日 映画会」です。

今年がJR津山線開通120年、伯備線90年、瀬戸大橋線30年の節目の年であることにちなんだ3作品の上映が予定されています。

●「旧津山扇形機関車庫 懐かしの鉄道展示室」

●「富山ライトレースの事業概要」

●「橋は生きている~児島・坂出ルート架橋技術~」

今日のある方は、岡山駅西側の「岡山シティミュージアム」へどうぞ。

 

◆日時 2018年10月14日(日)14:00~15:30(開場13:30)

◆場所 岡山シティミュージアム(岡山市北区駅元町15-1)

◆参加 無料、先着80名定員  ※常設展には入場料が必要です

 

(豪雨災害関連) 岡山市の住家被害状況(2018/9/28/15:00現在)

18年09月28日

 

岡山市が9/28(金)15時現在で発表した、西日本豪雨災害での市内の住家被害状況を整理した表です。

 

「床下浸水」のうち「(未区分)」2,945件は、浸水していても「り災証明書」の手続きをしていない可能性があります。

岡山市は10月にも床下浸水世帯にも1世帯当たり15,000円(案)の義援金を配分すると表明しています。義援金を受け取るためには「り災証明書」が必要なので、まだ取得していない方は、今からでもぜひ手続きされるようにしてください。

周りの方にもぜひお知らせして差し上げてください。

 

(豪雨災害関連) 公費での「家屋の解体」「土砂混じりがれきの撤去」がスタート

18年09月28日

岡山市が、西日本豪雨災害で被災した方に向けて、半壊以上の家屋の解体や、敷地内に流れ込んだ土砂混じりがれきの撤去を公費で行う制度を始めました。

すでに自力で解体・撤去した方でも、費用の全部または一部が市から支払われます。

詳しくは、それぞれの市のホームページをご覧ください。

市の問い合わせ先は、環境事業課(電話086-803-1297)です。

 

被災した半壊以上の家屋等の解体・撤去について(岡山市HP)

宅地内に堆積した土砂混じりがれきの撤去について(岡山市HP)

 

公費での家屋解体や土砂撤去は、西日本豪雨で被災した各自治体ですでに始まっており、岡山市でもやっと始まりました。

けれども、被災された方の立場に立つと、負担が少なくない状況です。

手続きのためには市役所(分庁舎)まで来なければならないとされています。

また、公費解体は、「家屋等をすべて解体・撤去する」場合に限るとしていますが、西日本豪雨で被災した他の自治体では部分的にも認めているところもあるなど、柔軟に対応しています。

土砂混じりがれきの撤去でも、「家の中の土砂混じりがれきについては、家の外に出しておいて」としていますが、これも他の自治体では柔軟に対応している事例があります。だいたい、家屋内の床下に溜まっている土砂混じりがれきを外に出すというのは、被災された方にとってとても大きな負担で、現実的ではありません。

手続き全体も手間がかかる可能性があります。ご不明な点やお困りのことがあれば、市議団(電話086-803-1707)までご相談ください。

 

 

 

 

 

 

台風24号に早めの備えを 29(土)に市内4か所で土のう用袋と土を配布

18年09月27日

台風第24号対策として市民向けの土のう作成用の土と袋を配布します。(岡山市HP)

 

今週末から来週初めにかけて、岡山への影響が心配される台風24号に向けた対策として、岡山市は市民の方が土のうを作れるよう、袋と土を配布することを決めました。台風が近づいて雨や風が強くなってからでは、危険です。早めに対応して、無事に台風一過を迎えましょう。

 

◆日時 2018年9月29日(土)9:30~17:00※

◆場所 市内4か所(どこにお住まいでも、どこに行ってもOKです)

○岡山ドーム東側駐車場(岡山市北区野田4丁目)

○岡山市消防教育訓練センター(岡山市中区桑野)

○吉井川浄化センター(岡山市東区西大寺新地)

○南区役所駐車場(岡山市南区浦安南新町)

◆配布方法 現地にいる市職員から土のう袋を受け取り、自分で土を詰めて土のうを作って持って帰る。(スコップは現地で借りられます)

◆注意 各場所で2000袋分を用意していますが、なくなり次第終了です。過去には終了時刻より前に亡くなったこともありますので、早めにご準備ください。

◆問い合わせ先 岡山市下水道河川計画課 河川防災室(電話086-803-1434)

 

 

 

(発行物) 岡山市政ニュース速報版№237(2018.9.27)

18年09月27日

印刷用PDF

2018年9月定例岡山市議会の閉会にあたって、日本共産党岡山市議団が発行したファックスニュースです。


9月議会閉会 生活再建支援に力そそいだ議会論戦

2018年9月定例岡山市議会は27日、西日本豪雨災害からの復旧復興をめざす補正予算91億円をはじめとする全43議案を全て可決し、国に教育予算の充実や少人数学級などを求める陳情を全会一致で採択して閉会しました。

学校へのエアコン設置は、中学校と幼稚園は来年夏に間に合うよう整備、小学校も設置に向けたスケジュールを速やかに検討と、これまでの市方針を前倒しすることが表明されました。

党市議団は5議案に反対しました。内容は次の通りです。

●市立幼稚園や保育園を廃止民営化してこども園化することに関する議案

●どんどんふくれ上がる富吉新斎場の費用

●東山斎場や市民病院の料金値上げにつながる条例改定

 

 

豪雨災害から3カ月近く経ちますが、今でも「1階は畳も床板もはいだままの状態で、2階で寝起きしている」という方がいます。

住家の被害判定で、同じ市内でも地域によって基準に差が有ったり、床上130センチの浸水でも「半壊に至らない」と認定されたりする事例があります。家を修理するための「応急修理制度」は、額が不十分なうえに手続きが極めて煩雑で、利用をあきらめた方もいます。

党市議団を始め、今議会で質問に立った全ての議員が豪雨災害を取り上げた中で、岡山市の支援策にも前進がありました。いくつかをご紹介します。お困りのことがあればご相談ください。

ヤッタネ!

●床下浸水世帯にも義援金(り災証明書が必要なので、今からでも手続きを!)

●家屋解体や土砂混じりがれきの公費撤去(9/28から申請開始)

●笹ヶ瀬川右岸(西側)の排水ポンプ設置計画を2年前倒し(2022年までに整備)

●り災証明書の被害認定は、再調査をしてもらうことが可能

 

 

 

Next »