日本共産党 岡山市議団

'市民運動' カテゴリ

(おすすめイベント) 福島原発訴訟の講演や豪雨災害の相談会など 9/8

18年09月7日

 

福島原発事故で避難している方が全国でたたかっている裁判に取り組んでいる研究者の講演や、西日本豪雨災害に対する岡山弁護士会の活動報告が行われます。

会が終わった後には、東日本大震災の避難者や西日本豪雨の被災者の方を対象にしたなんでも相談会もあります。

 

◆日時 2018年9月8日(土)13:30~(開場13:00)

◆場所 岡山弁護士会2階大会議室(岡山市北区南方1-8-29)

◆主催・問い合わせ先 岡山弁護士会(電話086-223-4401)

◆主な内容

●講演会(13:30~15:00) 講師:吉村良一さん(立命館大学法科大学院特任教授、日本環境会議代表理事、福島原発事故賠償問題研究会代表)

●岡山弁護士会活動報告(15:00~15:20)

●なんでも相談会(15:20~17:00)

 

(おすすめイベント)一人ひとりを大切にした災害対策を考える 9/9

18年09月4日

発生から間もなく2か月を迎える西日本豪雨。そのあとも、全国各地で大きな災害が起こっています。

いま、あなたは、何を感じ、何をしようとしていますか?

いま、私たちの経験と経験から得たものをつなげて「一人ひとりを大切にした災害対策」を考えてみませんか。

東日本大震災以降、岡山の地で被災者に寄り添って支援活動を続けている「ほっと岡山」さんが主催し、「りすの四季だより」など、楽しくわかりやすい防災講演で有名なあんどうりすさんと、阪神淡路大震災以来、全国で起きる災害の復興支援に法律や制度の最大活用と改善を訴えている津久井進弁護士がお話しされます。

◆日時 2018年9月9日(日)13:30~17:15(開場13:00)

◆場所 Junko Fukutake Hall(岡山大学鹿田キャンパス内 HPはこちら

◆参加 無料、先着200名

◆託児 あり(要申込、定員10名)

◆申込 お名前・連絡先をメールかFAXで申込

◆主催 一般社団法人ほっと岡山(メールhotokayama@gmail.com FAX086-230-4561)

 

 

 

【おすすめイベント】 社会保障を守り、発展させるためには? 8/26学習会

18年08月20日

 

○ 障害者等社会的困難(ニーズ)のある人の人権を考える第1回学習会 ○

◆日時 2018年8月26日(日)13:30~16:30

◆場所 岡山市勤労者福祉センター・5階大会議室(岡山市北区春日町5-6)

◆主な内容

①講演「社会保障とはなにか? 守り、発展させるには?」井上英夫さん(金沢大学名誉教授・佛教大学客員教授/社会保障法・福祉政策論・人権論)

②話題提供 年金裁判を支援する会、生保裁判を支援する会、浅田達雄さんを支援する会

 

(豪雨災害関連) 支援情報を検索できるサイト「うったて。」

18年08月17日

 

西日本豪雨災害からの復旧、復興を各地で進めている中、インターネット上にはさまざまな支援情報があふれています。

1つ1つを探していくのは大変なことで、中には情報をまとめているサイトもでき始めています。

その中の1つ「うったて。」をご紹介しましょう。

「うったて。」のアドレスはこちら。

http://uttate.jp/

 

「うったて。」についてサイトではこのように自己紹介しています。


このホームページは、岡山県内で平成30年7月豪雨により被害を受けた方のための市民による市民のための情報サイトです。

なるべく市民にとってわかりやすいように情報をまとめることを考え、支援制度等のわかりやすい解説記事やテーマごとの情報のまとめを行うことを目的としています。

なお、このホームページの運営はこのたびの災害支援に取り組む、NPO、事業、事業所などによるボランティアのネットワーク組織「災害支援ネットワークおかやま」が、ボランティアのライターさんと共に行っています。

山県内で西日本豪雨により被害を受けた方のための市民による市民のための情報サイトです。

なるべく市民にとってわかりやすいように情報をまとめることを考え、支援制度等のわかりやすい解説記事やテーマごとの情報のまとめを行うことを目的としています。

なお、このホームページの運営はこのたびの災害支援に取り組む、NPO、事業、事業所などによるボランティアのネットワーク組織「災害支援ネットワークおかやま」が、ボランティアのライターさんと共に行っています。


倉敷・真備地域をはじめ、岡山県内のさまざまな支援情報がつまっていて、キーワードで検索したり、カレンダーでイベントの予定をチェックしたりすることができます。

また、子どもへの支援情報に力を入れているという特徴もあります。

パソコン、スマホやタブレット以外に、いわゆるガラケーでも見ることができます。

 

ぜひご覧ください。

また、周りの被災された方にも知らせてあげてください。

サイト運営関係者の方は「知りたい情報をどんどん教えてほしい」とのことですから、こんなことが知りたいというのがあれば、コメントを書き込んであげるのもよいですね。

 

 

8月の総がかり行動は、8/19(日)13時から

18年08月16日

 

◆日時 2018年8月19日(日)13:00~14:00

◆場所 岡山駅東・マツキヨ前(雨天の場合はさんすて)

 

「おかやま協働のまちづくり賞」募集受付中 市役所1階では紹介のパネル展

18年08月13日

 

岡山市役所1階市民ホールでは、今日(8/13月)から明後日(8/15水)まで、「おかやま協働のまちづくり賞」の取り組みを紹介するパネル展が開かれています。

さまざまな市民団体や事業者などと行政が一緒になって地域づくりをすすめ、地域の課題解決にとりくもうとする市民協働。市内での先進的な取り組みを表彰し、広く紹介するための「おかやま協働のまちづくり賞」は今年で3回目を迎えます。

今年募集するテーマは次の2つ。

SDGs目標8:働きがいも経済成長も
SDGs目標11:住み続けられるまちづくりを

締め切りは10/19(金)で、その後市民のみなさんによるインターネット投票と審査員審査を経て入賞取り組みが決定されます。さらに入賞取り組みの中から公開でのプレゼンで、大賞が選ばれます。

ぜひふるってご応募ください。

市役所1階でのパネル展も、明後日までに機会があればぜひご覧ください。第1回、第2回の大賞・入賞取り組みが詳しく紹介されています。

 

第3回「おかやま協働のまちづくり賞」募集!(岡山市HP)

おかやま協働のまちづくり賞(おかやまNPO・ボランティアサイト「つながる協働ひろば」HP)

 

 

 

市民の実態や要望など「聴く会」で意見交換 9月議会に生かします

18年08月10日

 

日本共産党岡山市議団は10日、定例議会の前に開催している「市民の意見を聴く会」を市議会内で開きました。

「障害者65歳問題」でのとりくみ、小中学校へのエアコン設置の運動、交通政策、精神医療にかかわる課題など、それぞれの専門分野で活動している方から実情や要望をお聞きしました。

また、豪雨災害に対して、救援・復旧活動で見えてきた課題や岡山県の補正予算の内容など、情報や意見を交わしました。

党市議団では、いただいたご意見やご要望を参考にしながら、9月議会での会派代表質問や個人質問の準備を加速させていくことにしています。

 

(豪雨災害関連) 災害で生活が変わった方へ 「つなぐ ささえる」無料電話

18年08月10日

 

ボランティア関係者・団体のネットワーク会議で配布されていたものをご紹介します。

配布していたのは、岡山で東日本大震災の避難者をサポートする活動を続けている一般社団法人 ほっと岡山のスタッフの方です。

今回の西日本豪雨災害でも、被災されて困っている方に寄り添う支援を丁寧に続けておられます。

 

電話番号は

0120-279-338

ガイダンスが流れたら「8」を押してください。

 

被災されて困っている方のお話を聞いたり、関係する支援団体などにつないだりしてもらえます。

一人で悩まないで、お電話を。

 

 

 

« Prev - Next »