日本共産党 岡山市議団

'市民運動' カテゴリ

【市政ニュース 速報版】 国保料 所得200万円で6325円値上げ 2018/2/14

18年02月14日

【印刷用PDF】市政ニュース速報版180214

 

岡山市は、2月14日の市国民健康保険運営協議会(国保運協)に、2018年度から国保料を段階的に値上げする方針を示し、国保運協で了承されました。所得200万円の1人世帯の値上げ額は、2018年度には年約6,325円、19~23年度は年約8,080円の値上げとしています。正式な保険料額は、被保険者数や所得総額などが確定した後の6月頃に決まります。
計画では、現在行っている国保会計の赤字補てん目的の法定外繰入(約19億円)を、年平均約2.8億円ずつ削減し、2023年度までの6年間でゼロにします。2018年度の赤字補てん以外を含めた法定外繰入額全体は、2017年度の28.5億円から13.2億円に減らします。
低所得者対策は、上限額の4万円引き上げ、減免対象の拡大(減免対象基準の上限を引き上げ)などとしています。
特定健診の自己負担は2,050円から500円に下がります。私たちが要求してきたことです。

 

<1人世帯の保険料の引き上げ額(2017年12月のデータによる試算)>

所得33万円(年金収入153万円)…2018年度の値上げ額=約144円/年、19~23年度の値上げ額=約450円/年

所得83万円(年金収入203万円)…2018年度の値上げ額=約2,230円/年、19~23年度の値上げ額=約3,460円/年

所得200万円(年金収入320万円)…2018年度の値上げ額=約6,325円/年、19~23年度の値上げ額=約8,080円/年

 

今でさえ、保険料が払えず滞納している世帯が2割にのぼっており、保険料負担はもう限界です。「年金は減らされ、食べ物や医療の支払いが増えている中で、保険料がこれ以上上がったらやっていけない」という悲鳴が上がっています。
岡山市は、この実態に目を向けず、国言いなりに赤字補てんの法定外繰入をゼロにしていく態度をあらわにしました。公費投入をどんどん減らしてきた国や、来年度から運営主体となる県に対して公的支出を本気で求めることなく、「赤字の解消」責任を国保加入者に押し付ける岡山市のやり方は、絶対に許せません。
日本共産党岡山市議団は、国保値上げ方針の撤回を求めてがんばります。
「国保引き下げ署名」をさらに広く集めましょう。

 

 

 

国保料の引き下げを 1万8554筆の願いこもった署名提出

18年02月7日

 

「国保引き下げを」18,554筆の署名受け止めて

2018年度から県単位化で制度が大きく変わる国民健康保険(国保)について、岡山市は国保料を値上げする方針です。

現在でも払えない人が約2割もいる岡山市の国保料を払える額に引き下げてほしいと、市社会保障推進協議会(市社保協)の役員らが7日、市民から集めた署名1万8554筆を市に提出しました。

竹永徹会長が、10年間据え置いてきた市の努力を評価した上で、値下げに向けて一層の努力を求めて要望書を手渡しました。森安浩一郎保健福祉局長は、「署名をいただいたことはしっかり受け止め、国保運営協議会にも報告する」などと述べました。

市議団の林じゅん・田中のぞみ・東つよし議員が同席しました。

 

「所得200万円の2人世帯」で3万円値上げ?!

市社保協の役員らは、老人クラブの3割以上から署名が帰ってきたり用紙の追加を求められたりしたことなど、市民が国保の今後に大きな不安を抱いていることを紹介しました。

また、市社保協の試算によると、所得200万円の2人世帯では年約3万円(約9.5%)の値上げになることを示して、市の独自努力の強化を求めました。

さらに、京都府が府として260億円を出して府内市町村の保険料が上がらないようにしたこと、岡山県は逆に県としての支出は0円であることを指摘して、県に対して市民と市で力を合わせ、財政責任を果たすよう求めていこうと呼びかけました。

 

「国保引き下げて」の声さらに広げよう

市社保協では2/14の国保運営協議会や2月市議会に向けて、さらに署名を増やして市民の声を市に伝えようと呼びかけています。

署名用紙のダウンロードはこちらから↓

(印刷用PDF)17-18国保署名(表)

(印刷用PDF)17-18国保署名(裏)

 

【おすすめイベント】 弁護士9条の会岡山総会 & 金杉美和弁護士講演 2/15

18年02月6日

◆日時 2018年2月15日(木)17:30~20:00(開場17:00)

◆場所 岡山弁護士会館2階・大会議室(岡山市北区南型1-8-29)

◆内容

◆参加 無料、予約不要

◆問い合わせ 弁護士9条の会・岡山(岡山中庄架け橋法律事務所・呉裕麻弁護士 電話086-442-9937/賀川法律事務所・賀川進太郎弁護士 電話086-234-8977)

 

 

 

ヤッタネ! 介護保険料引き上げをストップ (市政ニュース速報版180205号)

18年02月5日

(印刷用pdf)市政ニュース速報版180205

ヤッタネ! 介護保険料 すえ置きへ

審議会で値上げ案を撤回→「現行通り」了承

2月5日の市保健福祉政策審議会で「第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(地域包括ケア計画)」が審議され、2018~20年度の3年間の介護保険料を、現在と同額にすえ置く案が了承されました。素案からの変更では、介護予防や状態改善の取り組みをさらに推進していくこと、基金から22.3億円充当することなどによって、保険料を抑えたとしています。
昨年11月に示された素案では基準額で240円の値上げとなっていて、そのままでは県内の市で最高額になる見込みでした。2月議会での議決で正式に決まります。
市社会保障推進協議会(市社保協)が、市民の声をもとに介護保険料や利用料の負担軽減を求めて要望してきたことなど、市民の運動が大きな成果を生んだと言えます。
党市議団も、予算要求や議会論戦などで市民の生活実態を取り上げ、負担軽減を求めてきました。引き続き、安心して暮らし続けられる岡山市をつくっていくために、力を尽くします。

 

 

 

2/3 12:30から岡山駅前で「アベ政治を許さない」

18年02月2日

2018年2月の「アベ政治を許さない」

◆2月3日(土)12:30~13:00

◆岡山駅東口マツキヨ前(雨天のときはサンステ)

 

【おすすめイベント】 ドキュメンタリー映画「日本と再生」 3/10

18年01月31日

 

日本の自然エネルギーの現状と今後の可能性を生き生きと描いたドキュメンタリー映画の上映会です。

「世界を駆動させるのは、あふれる自然の力!」

「地球をひと回りして自然エネルギーの活況を見に行こう。 メインストリームはすでに原発でも化石燃料でもない現実を!」

「太陽、風、地熱、バイオマスetc. よくよく見れば、日本は資源大国! 地域も経済も再生させる作戦を開始しよう。」

 

◆日時 2018年3月10日(土)14:00~(100分) ※開場13:30

◆会場 くらしき健康福祉プラザホール(倉敷市笹沖180)

◆料金 一般300円/学生100円

◆申し込み・問い合わせ先 一般社団法人 おひさまネットワーク倉敷

メール dragons_road_to_victory@yahoo.co.jp

ファックス 086-463-3740

郵送 〒701-0102 倉敷市庄新町9-5-19

 

 

 

 

 

くらしき健康福祉プラザへの行き方はこちら↓

交通アクセス

 

 

【おすすめイベント】 「建国記念の日」を考える県民のつどい 2/11

18年01月26日

 

◆日時 2018年2月11日(日・祝)13:30~16:30頃まで

◆場所 岡山大学 文法経講義棟11番講義室

◆資料代 500円(学生300円) ※構内駐車場は有料です

◆主な内容 「憲法から天皇制を考える」をテーマに、中富公一さん(岡山大学法学部教授)の講演や、この会が50回になることを記念したシンポジウムなど。

◆主催・問い合わせ先 岡山県歴史教育者協議会(電話※夜のみ086-256-0624)

 

 

 

 

国保料の値上げ許さない運動を盛り上げよう

18年01月25日

国民健康保険(国保)がこの4月から都道府県単位化されることに伴い、市町村が保険料を決める基となる市町村から県への納付金の額が、決定事項として県議会常任委員会に示されました。

併せて、その市町村の納付額を国保被保険者1人あたりで計算した場合の保険料額も示されました。

岡山市の一人当たり保険料額は、昨年8月の試算と同じ傾向で値上げになっています。

 

これから、金額の積算根拠や全逓など詳細を分析して理由や要因を探るので、詳しいことがわかったら、またお伝えします。

 

金額がどうあれ、値上げの方向性には変わりません。ぜひ、いますぐ、「国民健康保険料を払える保険料に引き下げて」という署名にご協力ください。

 

署名用紙のダウンロードは、この市議団ブログのトップページから、「国保」で検索してください。

 

「用紙をおくってほしい」などのご要望がありましたら、市議団事務局までご連絡ください。

日本共産党岡山市議団事務局

電話 086-803-1707

FAX 086-234-9388

メール kyousantou_shigidan@city.okayama.jp

 

 

 

 

Next »