日本共産党岡山市議団blog » 市議団記事
日本共産党 岡山市議団

'市議団記事' カテゴリ

市民の実態や要望など「聴く会」で意見交換 9月議会に生かします

18年08月10日

 

日本共産党岡山市議団は10日、定例議会の前に開催している「市民の意見を聴く会」を市議会内で開きました。

「障害者65歳問題」でのとりくみ、小中学校へのエアコン設置の運動、交通政策、精神医療にかかわる課題など、それぞれの専門分野で活動している方から実情や要望をお聞きしました。

また、豪雨災害に対して、救援・復旧活動で見えてきた課題や岡山県の補正予算の内容など、情報や意見を交わしました。

党市議団では、いただいたご意見やご要望を参考にしながら、9月議会での会派代表質問や個人質問の準備を加速させていくことにしています。

 

平和のメッセージを飛ばそう ピースバルーン2018

18年08月9日

 

長崎に原子爆弾が落とされた日でもある8月9日に、岡山市の職員などで構成する労働組合「岡山市職員労働組合」(岡山市職労)が主催して、子どもたちが平和の願いをこめた風船を空に飛ばす「ピースバルーン」が行われています。

今年も市役所本庁舎南の大供公園に大勢の子どもたちが集まりました。オープニングは、エゴラド合唱団と元気っ子西大寺保育園の皆さんが歌声を披露しました。

主催者を代表して岡山市職労の千代書記長があいさつ、市から森安保健福祉局長が大森市長からのメッセージを代読し、「平和の願い、届け!」の掛け声とともに、子どもたちが一斉に空に風船を放ちました。

市議団からも会議の合間を縫って竹永みつえ、林じゅん、田中のぞみ、東つよし各議員が参加しました。

 

酷暑・熱中症対策で市と市教委に緊急申し入れ

18年08月9日

 

日本共産党岡山市議団は9日、岡山市と市教育委員会に対して、酷暑・熱中症への対策を求める緊急申し入れを行いました。那須正己副市長と菅野和良教育長が対応しました。

岡山市では今夏、7月史上最高の38.1度を記録し、熱中症での救急搬送が相次ぐなど、記録的な酷暑のもとで命にかかわる事態が発生しています。

党市議団は、市立小中学校の普通教室にエアコンが設置されていないことから、市の設置計画を前倒して速やかにエアコンを設置することや、生活保護世帯にもエアコンを生活必需品として認めること、高齢者や障害者、ひとり親や低所得の世帯、西日本豪雨で被災した世帯などに対して、電気代を補助することなどを求めました。

那須副市長、菅野教育長からは、中学校でのエアコン設置に向けて国に財源を求めていることなどの説明がありました。また、生活保護世帯への対応について、どういうことができるのか考えてみるなどの発言がありました。

緊急申し入れ全文は、以下をご覧ください。

 

180809酷暑申し入れ 正式版


2018年8月9日

岡山市長 大森 雅夫 様
岡山市教育長 菅野 和良 様

日本共産党岡山地区委員会
委員長 矢引 亮介
日本共産党岡山市議団
団長 竹永 光恵

酷暑・熱中症に対応する思い切った対策を求める緊急申し入れ

日頃より市民の福祉向上および子どもたちの教育環境向上に尽力されている市長、教育長をはじめ職員の皆様に敬意を表します。
記録的な猛暑となっている今夏、岡山でも7月には観測史上最高の38.1度となりました。報道によると、県内で熱中症とみられる症状による救急搬送患者は、7月16日から22日の1週間で573人(速報値)と統計史上最多で、80代の2人が死亡する深刻な事態となっています。気象庁は7月23日に異例の記者会見を行い、「経験したことのないほどの暑さになっている地域がある。命に危険が及ぶレベルで、災害と認識している」と述べました。
厚生労働省は今年6月27日に、今年度から新たに生活保護利用を開始した世帯に対して一定の条件下でエアコン購入費などの支給を認める通知を出しました。ただ、この通知では2018年3月以前に生活保護利用を開始した世帯は対象外で、今のままでは猛暑の中で命の危険を感じながら暮らさなければなりません。
全国各地で屋外活動中に熱中症で体調を崩す子どもが続発しています。7月には、愛知県で小学1年生が死亡するという痛ましい事故が起きました。岡山市内でも運動部活中の中学生9名が救急搬送され、市教育委員会は、一定基準下での活動自粛を求める注意喚起の通知を出しています。
岡山市では、市立小中学校の普通教室にはエアコンが設置されていません。市は中学校については来年度中に設置、小学校はその後に検討する計画ですが、近年の酷暑・猛暑を考えると、エアコンの設置は急務です。
酷暑によって人命が失われることは人災であり、人命最優先の立場であらゆる方面からの対策をただちに取り組むことが必要です。根本的には地球温暖化防止対策に本腰を入れて取り組むことが必要ですが、緊急対策として下記の点を、スピード感を持って実施するよう申し入れます。

1 単身を含む高齢者世帯、障害者や病気の人がいる世帯、ひとり親世帯、低所得世帯、被災世帯などに対し、冷房利用に伴う電気代相当額について補助する制度を創設すること。また、生活保護世帯について夏季加算を復活するよう国に強く求めること。
2 生活保護世帯へのエアコン設置について、6月27日の厚生労働省通知に該当する世帯についてはその内容を周知徹底し、必要な世帯については速やかに設置すること。
3 生活保護世帯に対して、エアコンは生活必需品であるという考えに立ち、買い替えを含め設置できるよう市として対応すること。
4 小中高校すべての教室へのエアコン設置について、現計画を前倒しし早急に行うこと。設置までの間は、スポットクーラーを導入するなど緊急の対応を行うこと。
5 保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校での高温時の屋外やエアコンの無い場所での活動について、例えば「気温が35度を超えたら活動中止」など、明確かつ具体的な基準を市として設けること。
6 保育所の軒下やプールなど、子どもが裸足で歩く場所で火傷事故が起きないよう、具体的措置をとること。また、熱交換塗装を促進すること。
7 「クールシェア」の一環として、熱中症対策・暑さ対策の「休息所」を各地に設け、広報すること。例えば、市庁舎や区役所・地域センターなど市有施設のホール、文化施設や公民館、図書館など公共施設に「暑さ対策休息所」の旗を掲げ、一時避難ができるようにするなど。
8 日陰の無い屋外での待合場所(駅のバス・タクシーなど)、屋外の公共施設などにはミストシャワーを設置すること。
9 高齢者、小学生にクールスカーフを無償配布すること。
10 農作物等への影響を適宜調査し、生産者への適切なアドバイスとともに、必要な場合には速やかに対策を講じること。

以上

 

 

 

酷暑・熱中症への対策まったなし 市の責任で市民の命と健康を守れ

18年08月3日

岡山市では今夏、7月としては過去最高の38.1度を観測するなど、記録的な猛暑に見舞われています。

過去40年間の岡山市の7月の気温を調べてみたところ、以前より確実に暑くなっています。市民の命と健康を守るために、これまでの例にとらわれない、思い切った対策を市としてとることが必要です。

 

(今年7月の気温の特徴)

●1か月間の平均気温は28.9度で、過去10年間で最も高かった。

●1日の最高気温は1か月間の平均で33.6度。最高気温が30度以上だったのは27日、その中で35度以上の日は12日、25度未満の日は1日だった。

●1日の最低気温は1か月の平均で25.0度。最低気温が25度以上だったのは19日、その中で27度以上の日は2日、20度未満の日は0日だった。

●平均気温、最高気温、最低気温すべて、過去10年平均、過去40年平均と比べて上昇傾向。

 

カラーの表は、小さくて見えにくく申し訳ないのですが、1978年から2018年までの41年間について、7月の毎日の最高気温(上半分)と最低気温(下半分)の一覧です。

最高気温(上半分)の表は、35度以上を赤、30度以上をオレンジ、25度未満を水色で塗っています。

最低気温(下半分)の表は、25度以上をオレンジ、20度未満を水色で塗っています。

全体として見たとき、左(過去)から右(現在)にかけて、だんだんとオレンジや赤が増えていき、水色が減っているのがわかると思います。

 

特にこの表で注視したいのが最低気温(下半分)です。

水色で塗られた20度未満の日は、1999年ごろまでは大半の年でありました(22年中15年)。それが2000年以降の18年間ではわずか3年しかありません。最近10年で見れば2015年の1年しかありません。

いっぽう、最低気温が25度以上の日は、今年は19日でした。7月ひとつきの三分の二が熱帯夜だったということです。

 

 

 

現在、岡山市では、市立の小学校にも中学校にも、普通教室には基本的にエアコンがありません。市では中学校は来年度から設置を開始し、小学校については中学校設置後に検討することとしています。

7月中旬には、岡山市内の中学校で運動部活中に熱中症の疑いで10人近い生徒が救急搬送され、その後、市教育委員会が、「暑さ指数」が一定条件になれば屋外活動の自粛を求めるなどの注意喚起を学校長に通知しています。

 

生活保護世帯について、冬季には暖房代の補助がありますが、夏季には冷房代の補助はありません。今年6月の通知により、2018年4月以降に生活保護を受給するようになった世帯にはエアコンの設置が可能になりましたが、2018年3月以前に保護が開始された世帯は除外されています。

今年7月末に、札幌市内で生活保護を受給していた方が室内で熱中症により死亡していた事故では、料金滞納で電気が止まっていました。この日の札幌市の気温は31.0度で、湿度は岡山市より低い値でした。

 

全国あちこちで起きている事故や事例に真摯に学んで、岡山市民の命と健康を守る具体的手だてをとることが求められます。

市議団では、こういった気象データなども使いつつ、住民のみなさんから寄せられている実情を市に届け、具体的な提案もしながら、酷暑・熱中症対策を市に求めていきます。

 

※画像が見えにくい場合は、下のリンクからPDFデータをご覧ください。

7月の気温(まとめ)

7月の気温(詳細)

 

 

 

無料法律相談 2018年8~9月

18年08月2日

 

弁護士と、県・市議が相談に応じます。

相談無料/秘密厳守/要予約

予約・問い合わせは、電話086-273-2221/メールokymjcp@po1.oninet.ne.jp(日本共産党岡山地区委員会)へ

日程等は変更する場合があります。必ず事前予約のうえお越し下さい。

開始時刻は、午後6時30分です。

 

8月

6(月)・・高島公民館(中区国府市場99-5) 林じゅん市議、氏平みほ子県議

13(月)・・ありません

20(月)・・西大寺事務所(東区西大寺中野137-5) 竹永みつえ市議

27(月)・・森脇事務所(北区下伊福上町17-24) 田中のぞみ市議、森脇ひさき県議

 

9月

3(月)・・高島公民館(中区国府市場99-5) 林じゅん市議、氏平みほ子県議

10(月)・・福南センター(南区若葉町9-4) 東つよし市議

17(月)・・ありません

24(月)・・ありません

 

緊急の場合は、市議団(電話086-803-1707)か、日本共産党岡山地区委員会(電話086-273-2221)までご連絡ください。

 

【2019春 市議選】 5人の経歴です

18年07月30日

 

写真の左から順にご紹介します(林潤、竹永光恵、菅原修、田中のぞみ、東毅)

 

林潤(はやしじゅん)

◇生年月日 1970年5月7日

◇現住所 岡山市中区祇園

◇主な経歴 1996年岡山大学大学院理学研究科物理学専攻修了、1996年日本ミクニヤ㈱勤務、1999年岡山県民主医療機関連合会勤務、2007年岡山市議会議員に初当選(中区、現在3期)

◇家族 妻、長男、次男、長女

◇趣味 写真撮影、旅行、キャンプ

◇特技・資格 柔道初段

 

竹永光恵(たけながみつえ)

◇生年月日 1963年2月18日

◇現住所 岡山市東区西大寺中野

◇主な経歴 1983年旭川荘厚生専門学院保育科卒業、1983年旭川荘療育センター児童院勤務(保育士)、1999年岡山市議会議員に初当選(東区、現在5期)、文教委員長・ワークライフ&バランス調査特別委員長・保健福祉委員長・多様性のある社会実現調査特別委員長など歴任

◇家族 夫

◇趣味 民舞、映画鑑賞

◇資格 保育士、介護福祉士

 

菅原修(すがはらおさむ)

◇生年月日 1956年2月7日

◇現住所 岡山市北区小山

◇主な経歴 1974年県立津山工業高校卒業、1974年三菱化成水島勤務、1975年読売新聞連島勤務、1982年倉敷民主商工会入会、1985年読売新聞備中高松独立、保育園・小学校・中学校のPTA会長、地元消防団員、地域の体育協会副会長など歴任

◇役職 日本共産党岡山地区委員会北区市政対策委員長

◇家族 妻、長男

◇趣味 将棋、ソフトテニス、演劇鑑賞

◇特技・資格 ホームヘルパー2級

 

田中のぞみ(たなかのぞみ)

◇生年月日 1975年8月15日

◇現住所 岡山市北区奥田西町

◇主な経歴 1998年高知大学教育学部卒業、1998年倉敷市立味野中学校・岡山市立足守中学校勤務(講師)、2000年JTBニュージーランド支店勤務、2006年ベネッセグループ㈱シンフォーム勤務、2011年岡山市議会議員に初当選(北区、現在2期目)

◇家族 夫、長男、長女、次女

◇特技・資格 中学校教員免許

 

東毅(あずまつよし)

◇生年月日 1976年3月31日

◇現住所 岡山市南区福島2丁目

◇主な経歴 1998年岡山大学農学部卒業、1998年日本民主青年同盟岡山県委員会専従、2003年衆議院岡山4区選挙区から立候補、2009年衆院比例中国ブロック・岡山1区重複立候補、2011年岡山市議会議員に初当選(南区、現在2期目)

◇家族 妻、長女

◇趣味 剣詩舞(菊水流)

 

 

【2019春 市議選】 候補者を発表 河田さんから菅原修さんにバトンタッチ

18年07月30日

 

日本共産党岡山地区委員会は、2019年4月に行われる予定の岡山市議会議員選挙に挑む候補5人を発表しました。

北区の河田正一議員が今期で勇退し、菅原修(すがはらおさむ)さんへバトンタッチをめざします。

記者会見で菅原さんは、「安倍政権の政治を見ていると平和、暮らし、民主主義の危機を感じる。市民の声を市政に届けたい」と決意を語りました。

皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

【豪雨災害関連】 岡山市に全国から寄せられた義援金を届けました

18年07月30日

日本共産党岡山市議団と森脇久紀党県議、矢引亮介党岡山地区委員長は30日、西日本豪雨災害への救援募金の第一次分を岡山市に届けました。那須正己副市長と福井貴弘市長公室長が対応してくださいました。

市議団の竹永みつえ団長や森脇県議は職員の救援・復旧活動を激励し、募金は全国から日本共産党に寄せられたもので、すべての被災者の方々への見舞金などにご活用くださいと伝えました。

 

 

 

 

Next »